コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

「Microsoft Print to PDF」とは?とっても便利なPDF作成機能

「Microsoft Print to PDF」とは

Windows10から標準機能として搭載された「Microsoft Print to PDF」という機能をご存知でしょうか。

紙に印刷する代わりにPDFファイルを作成するという、とっても便利な機能なんです。

WEBのオンラインサービスやフリーソフトなしでPDFを作成することができてしまいます。

この機能は、ぜひとも覚えて活用してください。

「Microsoft Print to PDF」とは

Microsoft Print to PDF」とは、Windows10から標準機能として搭載された「仮想プリンター」です。

仮想プリンターとは
仮想プリンターは、実際に物としては存在しない、パソコンの中に存在している機能だけが存在する架空のプリンターです。

標準機能として搭載されているので、接続設定などをしなくても、プリンターとして登録されています。

印刷機能のプリンター一覧に表示されているので、「なんだこれ?」と思った人もいるのではないでしょうか。

「Microsoft Print to PDF」の機能

Microsoft Print to PDF」の機能は、その名の通り、印刷画面で指定されたデータを紙に印刷するのではなく、PDFファイルとして保存します。

そのため、印刷機能が使えるのであれば、この機能を使うことができます。

どんな時に便利?

例えば、インターネット上の情報もブラウザの印刷機能からプリンターに「Microsoft Print to PDF」を選択することで、PDFのデータとして保存することが可能です。

WEBカタログなどでPDFをダウンロードする機能がなくても、印刷機能はほとんどのものが使えますよね。

「Microsoft Print to PDF」を使う

実際に「Microsoft Print to PDF」を使う場合の手順ですが、プリンターに「Microsoft Print to PDF」を指定して、表示される「名前を付けて保存」ダイアログで保存場所とファイル名を設定するだけです。

実際の操作画面

各アプリケーション画面で表示自体は変わりますが、設定する作業は同じです。

手順1
プリンターを指定

印刷機能のプリンターに「Microsoft Print to PDF」を指定して、「印刷」をクリック。

Microsoft Print to PDFを選択する

手順2
保存する

名前を付けて保存」ダイアログが表示されるので、保存場所とファイル名を指定して「保存」ボタンをクリック。

PDFとして保存するファイル

手順3
PDFの完成
指定した場所にPDFファイルが作成される。

PDFファイルが作成される

たったこれだけで様々なデータをPDFに変換して保存することができます。

「Microsoft Print to PDF」がない場合

Microsoft Print to PDF」がプリンターに表示されていない場合は、プリンターに追加しましょう。

「Microsoft Print to PDF」をプリンターに追加 プリンターに「Microsoft Print to PDF」を追加する方法

最後に

Windows10から標準機能として搭載された「Microsoft Print to PDF」という機能を紹介しました。

印刷機能が使えるならPDFに変換することが可能になる、とても便利な機能です。

ぜひとも覚えておいでください。

Microsoft Print to PDF」の記事

「Microsoft Print to PDF」を使って、PDFファイルを分割することが可能です。

PDFを分割する「Microsoft Print to PDF」 【Windows10】PDFを分割する方法|フリーソフトも使わないでできる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です