コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【解決】デスクトップの表示をOneDriveではなくローカル上に戻す方法「バックアップを停止」

デスクトップのOneDriveの同期を解除する

WindowsのバージョンアップなどのタイミングでOneDriveと同期すると、デスクトップの表示がPCではなくOneDriveのデスクトップになってしまいます。

別にOneDriveに同期するまでもない資料ばっかりデスクトップに置いていたりするので、無駄に容量をくってしまうこともあり、個人的にはクラウドに勝手に保存されるのはあまり好ましくありません。

本記事では、OneDriveと同期を切り、デスクトップをOneDriveではなくPCのローカルのデスクトップに戻す方法を紹介します。

※ OneDriveに同期されているデスクトップの場合、アイコンにチェックマークが表示されています。

OneDriveと同期されているアイコン

デスクトップを勝手に変えられるとブラウザのダウンロード先を変更したりする必要があったりして、面倒な感じだよね。

デスクトップの表示をOneDriveからローカルに戻す方法

デスクトップがOneDriveに同期されているのが原因なので、同期を切っていきます。

同期を切って、ファイルを戻すという作業が必要になるよ。

OneDriveのデスクトップのバックアップを切る

エクスプローラーを表示してリストの「OneDrive」で右クリックし、「OneDriveのバックアップを管理」を選択します。

OneDriveのバックアップの管理をクリック

「フォルダーのバックアップを管理」画面が表示されるので、デスクトップの「バックアップの停止」をクリックしましょう。

デスクトップのバックアップを停止する

バックアップ停止の確認画面が表示されるので、「バックアップを停止」をクリックします。

デスクトップのバックアップの停止の確認

「このフォルダーはバックアップされなくなりました」と表示されるので、「閉じる」をクリックすれば完了です。

バックアップの停止の確認

これでOneDriveの同期を解除することができました。

でも、同期を解除しただけでは作業は完了しないんだよ…

デスクトップのアイコンを戻す

OneDriveのバックアップを停止すると、デスクトップからほとんどのアイコンが消え、「ファイルの場所」というショートカットが表示されるはずです。

ファイルの場所のショートカット

先ほどまで表示されていたファイルやフォルダーは、このショートカット先(OneDrive内)に移動されています。

全選択してカット&ペーストしてデスクトップに貼り付ければ元通りです!

OneDriveのファイルのカット&ペースト

バックアップはいいけど勝手にファイルの場所は変えないで欲しいね。

不要なフォルダーとショートカットを削除

すべてのファイルをデスクトップ上に移し終えた後は、デスクトップ上にある「ファイルの場所」やOneDriveに自動的に作られた「デスクトップ」というフォルダーを削除してもいいかと思います。

不要なものはさっさと削除しておくのが気持ち的にもすっきりとします。

これでやっとも度通りだね!

まとめ

デスクトップが勝手にバックアップされ、neDriveのデスクトップが表示されてしまう場合の元に戻し方を紹介しました。

デスクトップだけではなく、ドキュメントや画像も同様のことが起こりえますので同じ手順で解除可能です。

デスクトップのアイコンに自動的にチェックが付くようになって、保存先をデスクトップにしているのに表示されないようになっていれば注意してください。

もちろん同期が好ましい人は解除する必要はないよ!

コメントを残す