コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【パワーポイント】フチなし印刷(余白なし)する方法|A4用紙版

パワーポイントでフチなし印刷する方法

パワーポイントのスライドを印刷すると、デフォルトの設定のままだとどうしても余白部分ができてしまいます。

全面デザインの場合は特にフチが目立ってしまうので違和感がありますよね。

そこで本記事では、フチなしでA4用紙ピッタリに印刷する方法を紹介します。

実はスライドのサイズでA4を選んでしまうとフチなしでできないんです…。

ピッタリ綺麗に印刷したいよね?

フチなし印刷の例

パワーポイントでフチなし印刷した場合の例

パワーポイントでフチなし印刷する方法

A4用紙にフチなしで印刷する方法を紹介しますが、用紙のサイズを変更すればどの用紙サイズでもフチなし印刷が可能です。

スライドのサイズを用紙に合わせる

そもそも、スライドのサイズが用紙に合っていないとフチなしで印刷することはできません。

「デザイン」タブの「スライドのサイズ」から「ユーザー設定のスライドのサイズ」を選択します。

スライドのサイズ変更

「スライドのサイズ」ダイアログが表示されるので「幅」を「29.7cm」、「高さ」を「21cm」と入力しましょう。

A4のサイズを手動で入力する

ここで規定のA4サイズを選択してしまうと、下図のように余白を含んだサイズになってしまうので注意してください。

スライドのA4サイズは余白が含まれる

フチなし印刷するには手入力でA4サイズを指定しないといけないんだよ!

入力を終えて「OK」ボタンをクリックすると、コンテンツのサイズ調整が表示されるので適当な方を選択してください。

スライドのサイズ調整

以上でスライドのサイズ自体の変更は完了です。

ここまでの設定で印刷プレビューを確認すると、ほぼA4用紙サイズいっぱいに印刷できますが、ほんの少し余白が残っていることが分かります。

フチの余白がまだ残っている

プリンターのプロパティでフチなしを選択

プリンター側でも「フチなし」での印刷設定が必要です。

「ファイル」タブの「印刷」で「プリンターのプロパティ」をクリックしましょう。

プリンターのプロパティを選択

プリンターのプロパティのいずれかの場所に「フチなし」等の設定メニューがあるはずなので選択してください。

プリンターのプロパティでフチなしを選択

フチなしの表示はメーカーや機種によって異なります。(下記表示例)

  • フチなし
  • フチなし印刷
  • フチなし全面印刷
  • 四辺フチなし印刷

プリンターのメーカーや機種によって表示が変わるから、場所が分からない場合は「プリンター名 フチなし」などで検索してみて。

フチなしを選択できたら「OK」ボタンでダイアログを終了しましょう。

印刷プレビューにフチなしで表示されているはずなので、そのまま印刷すればフチなし印刷が可能です。

パワーポイントのフチなしのプレビュー

まとめ

パワーポイントでフチなし印刷する方法を紹介しました。

ポイントは、下記の2点でした。

  • A4サイズを選択するのではなく、サイズを手入力
  • プリンターのプロパティから「フチなし」を選択

ここさえ押さえておけば他のサイズでも応用が利くので活用してください。

フチまで綺麗に全面印刷できると綺麗に見えるよね。

コメントを残す