コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

エクセルのオートフィルとは?設定と使い方|連続データの入力

オートフィルとは。使い方と設定について

エクセルでは数値や日付などの連続したデータを入力する手間を削減するためにオートフィルという便利な機能が標準装備されています。

エクセルを扱う上でなくてはならない機能で、オートフィルなしにエクセルを語ることはできません。

今回はそんなオートフィルの基本的な使い方と注意点などを説明していきます。

エクセルを使いこなすなら、ここからといっても過言じゃないくらい。

エクセルのオートフィルとは?

オートフィルはエクセルの機能の中でも特によく使う基本となる機能です。

データの集計や表の作成などでは必須の機能といえるでしょう。

連続したデータを入力できる

オートフィルを使えば、あらかじめ決められている連続した数値(1、2、3…)や日付など、連続したデータをドラッグアンドドロップやダブルクリックで簡単に入力することができます。

このような数値ならオートフィルで簡単入力

このような連続したデータであれば、すべてを手で入力することなく、先頭の文字を入力するだけで簡単に入力できます。

Microsoft社がオートフィルについて簡単に解説しているビデオがあります。

参考 オートフィルとフィルフラッシュMicrosoft

連続した数式も入力(コピー)できる

データだけでなく、連続して入力されている数式も入力(コピー)することができ、参照先もあわせて自動で変更してくれます。

数式のオートフィル

行に合わせて正しく計算ができているのがわかりますね。

MEMO
参照先が合わせてズレるので、固定したい場合は参照先の頭に$を付けておきましょう(絶対参照)。

オートフィルを使って参照先がずれて計算がおかしくなる、というのが結構多いからしっかり分かっておこうね。

VLOOKUP関数などでおかしくなるパターンが多いです。

VLOOKUP関数のエラーやうまくいかない原因【決定版】VLOOKUPでエラーが出る・うまくいかない原因

エクセルのオートフィルの使い方

それでは、オートフィルはどのように使えるのかを解説していきます。

使い方自体は取っても簡単!!

ドラッグのオートフィルで連続データを作る

最も基本的な方法として、連続したデータの先頭のデータを入力し、セルの右下にある四角のちょぼ(フィルハンドル)をクリックした状態で連続したデータの最後となるセル位置までドラッグします。

※フィルハンドルの上にカーソルを合わせると十字のマークになります。

この場合、先頭のデータを1つだけ入力するか、2つ以上入力するかで、オートフィルの結果が変わります。

飛び飛び(1、3、5)などのデータを入力するなら、先頭のデータは2つ以上入力するようにしましょう。

先頭のデータを1つだけ入力した場合

ドラッグでオートフィルを使う

範囲内のセルにデータがコピーされるので、オートフィルオプションを開き、「連続データ」を選択します。

(オートフィルオプションが表示されない場合は、本記事の「オートフィルオプションが出ない」を参考にしてください。)

オートフィルでドラッグした直後

すると、先頭に入力したデータに対応した連続データが設定されます。

オートフィルの連続データ

先頭のデータを2つ以上入力した場合

1つ飛ばしのデータなどを入力する場合は、連続データの規則が分かるように先頭のデータを2つ以上入力しましょう。

オートフィルの先頭データ2つ

すると、入力してあるデータの規則に則って、オートフィルが反映されます。

オートフィルで飛び飛びのデータを入力した結果

もちろん上下だけじゃなく、左右にも反映できるよ!

基準があればダブルクリックでオートフィルを使える

まっさらな状態でオートフィルを使うには範囲を指定しないといけませんが、

近接する列などに既にデータが入力してあり、範囲となる基準があればフィルハンドルをダブルクリックするだけでオートフィルを実行することができます。

ダブルクリックでオートフィルを実行

データの集計などで合計を表示する列などで、先頭のセルに数式を入れ、フィルハンドルをダブルクリック…というような使い方をします。

これがかなり便利なんだよ。

日付に関連するオートフィル機能が優秀

オートフィル機能では、日付に関する機能が充実しており、月単位や年単位などで連続データを作成することができます。

日付のオートフィル機能が優秀

月単位や年単位を選択した場合はこんな感じです。

日付に関連するオートフィルのサンプル

右ドロップでオートフィルオプションを使う

ドラッグする時に左クリックではなく右クリックでドラッグを行えば、クリックを離すと、すぐにオートフィルオプションを表示することができます。

また、この時に表示されるオートフィルオプションでは、オートフィルとして実行できるすべてのメニューが確認できます。

右クリックでドラッグする

これは、あんまり使わないかな。

Ctrlを押しながらで文字列のコピー

数値の場合は別ですが、文字列の場合はCtrlを押しながらドラッグアンドするとコピーとなります。

Ctrlを押しながらオートフィルを実行

商品コードなど自動で増減されたくない場合などで活躍します。

連続データの入力と使い分けようね。

「連続データ」から数値を指定して入力

ドラッグアンドドロップで実行するのが困難なほど大量のデータや、オートフィルでなんだかうまくいかない場合は、「連続データの作成」から増分を指定して入力できます。

先頭となるデータを入力した状態で、「ホーム」タブの「フィル」項目から「連続データの作成」をクリックします。

連続データをクリック

連続データの作成ダイアログが表示されるので、「範囲(列を選択で下向きに追加される)」と「種類」、「増分値」と「停止値」を指定して「OK」ボタンをクリックしましょう。

連続データの作成ダイアログ

すると、入力した先頭データが停止値になるまで増分されたデータが作成されます。

連続データの作成結果

エクセルのオートフィルの設定

つづいて、連続データの元となる設定の登録・編集方法を紹介します。

こちらの方法で、連続したデータとして好きなデータを登録することができます。

連続データを登録する

「ファイル」タブから「オプション」をクリックし、

エクセルのファイルタブのオプション

「詳細設定」の「全般」項目にある「ユーザ設定リストの編集」をクリックします。

ユーザー設定リストの編集

連続データとして登録されているものが表示され、連続したデータの登録・編集が可能です。(デフォルトのものは編集不可)

連続したデータの登録編集

登録する際は、あらかじめワークシート上に連続したデータを入力しておき、取り込み元範囲として設定してインポートします。

普通は基本設定のままで十分使えるよ!

エクセルのオートフィルのよくあるトラブル

オートフィルが使えない、オプションが出ないという時の対処方法を紹介します。

オートフィルが使えない!有効にする方法

セルの右下に四角が表示されないし、ドラッグアンドドロップできないからオートフィルが使えない!と言う場合は、

「ファイル」タブの「オプション」をクリックし、

エクセルオプションの「詳細設定」にある「編集オプション」欄の「フィルハンドおよびセルのドラッグアンドドロップを使用する」にチェックをいれましょう。

オートフィルを有効にする設定

オートフィルオプションが出ない

オートフィル実行後に、セルのコピーや連続データなどの選択項目(オートフィルオプション)が出ないという場合は、

「ファイル」タブの「オプション」をクリックし、

エクセルオプションの「詳細設定」にある「切り取り、コピー、貼り付け」欄の「コンテンツを貼り付けるときに[貼り付けオプション]ボタンを表示する」にチェックをいれましょう。

オートフィルオプションを有効にする

普段は表示されなくても良いけど、たまにオプションが必要という場合は、「右ドロップでオートフィルオプションを使う」で解説した通り、右クリックでドラッグすればOKです。

オートフィルで数式の参照がずれる(数式の固定)

オートフィルのできることでも解説しましたが、参照先のずれでうまく計算ができないパターンが本当によくあります

オートフィルを使って数式を連続したデータとしてコピーすると、参照先も同じ分だけ移動した参照先へと移動します。

(例えば、A1の数式でB1を参照していれば、A2に数式がオートフィルでコピーされた時には、参照先がB2になっている)

オートフィルで参照先を固定したい場合には、絶対参照を使うようにしましょう。

VLOOKUP関数がうまくいかない場合を例に解説しているので、理解しておいてください。

VLOOKUP関数のエラーやうまくいかない原因【決定版】VLOOKUPでエラーが出る・うまくいかない原因

ほんっっっっっとによくあるから注意ね!

まとめ

エクセルの基本である優秀な機能であるオートフィルについて解説しました。

オートフィルなくしてエクセルは語れません。

連続したデータがある場合は手入力なんてせず、積極的にオートフィルを使っていきましょう!

オートフィルを使えるようになるだけで、作業スピードが抜群に上がるはずです。
エクセルの基本操作【決定版】エクセルの基本操作|超初心者のための使い方

コメントを残す