コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【2020年】Outlookの購入方法(ダウンロード)比較まとめ決定版

Outlookの購入(ダウンロード)の比較まとめ

メールソフトとしてOutlookを使いたいって人はこの記事読んで!

本記事では、Outlook(アウトルック)の最新版をインストールしたいという人向けにダウンロード方法についてまとめておきました。

各パターンに分けて紹介するので、ご自身にあったものを購入(ダウンロード)してください。

Amazonで購入するのが、現在のところ最安値となっています。

Outlookを無料で使う方法

まずは、Outlookを無料で使う方法をまとめました。

WEBサービスとして無料で使える

Outlookは、WEB上のサービスとしてブラウザでアクセスすれば無料で使うことができます。

ただし、毎回ブラウザを立ち上げてアクセスしないといけないのがネックの部分です。

下記のリンクからOutlookのページにアクセスし、右上にある「サインイン」からログインしましょう。

公式Outlook

Outlook公式ページ

無料のMicrosoftアカウントを作ってログインしよう。

Microsoft 365 の1カ月体験版

よく無料ダウンロードと表記されているのはMicrosoft 365の体験版です。

体験版の場合は、1ヶ月間無料で使用することができますが、その後有料(Microsoft 365 のサブスクリプション)に切り替わります。

体験版を使用するのであれば、Microsoft 365の「1 か月間無料で試す」からダウンロードしましょう。

\ まずは無料で /

1か月間無料で試すをClick

スマホアプリなら無料でダウンロードできる

多少の機能制限はあるものの、スマホのアプリは無料で提供されています。

パソコンでOutlookを使っているなら、スマホでもチェックできるようにしておきましょう。

Microsoft Outlook

Microsoft Outlook

Microsoft Corporation無料posted withアプリーチ

Outlookの購入(ダウンロード)方法の比較

主なOutlookを購入する方法としては、

  • Outlook単体で購入
  • Outlookを含んだOfficeのパッケージを購入(個人用)
  • Outlookを含んだOfficeのパッケージを購入(仕事用)
  • Microsoftのサブスクリプションサービスに登録(個人用)
  • Microsoftのサブスクリプションサービスに登録(法人用)

の5通りが考えられ、金額が変わります。

購入内容は改めて説明しますが、新しくパソコンを買ったけど、Outlookがインストールされていなかったという人は、Office 関連すべてインストールされていないはずなので、エクセルやパワーポイントも合わせて使えるパッケージを購入するのが、結果的に安くなる場合が多いと思います。

Officeの価格は結構高額です。初めて見た時は、えっ、こんなにするの?と思いました。

Outlookだけで十分だという人は、Outlook単体での購入(ダウンロード)も可能ですのでそちらを購入(ダウンロード)しましょう。

※ 価格も重要な基準だと思います。購入(ダウンロード)を考えている人は一度値段も確認してみてください。

5つの購入(ダウンロード)方法の比較

5つの方法のライセンスと金額、使用できるアプリケーションの比較です。

項目Outlook 2019Office Personal 2019Office Home & Business 2019Microsoft 365 PersonalMicrosoft 365 Business Standard
ライセンス永続ライセンス永続ライセンス永続ライセンスサブスクリプション(1年更新)サブスクリプション(1年更新)
値段14,643円29,493円34,443円12,984円 /年16,320円 /年
アプリOutlookWord
Excel
Outlook
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook
Access
publisher
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook
Access
publisher
サービスなしなしなしOnDrive
Skype
Exchange
OneDrive
SharePoint
Teams
台数2台2台2台5台5台
リンク購入場所購入場所購入場所購入場所購入場所

※金額はご覧の時点で変更されている場合があります。

※ Amazonや楽天など購入場所により金額が変わる場合がありますのでご注意ください。

エクセルと一緒にどれだけのアプリケーションが必要かによって購入すべきものが変わるね。

「買い切り」か「年間契約」

上記表のライセンス部分の「永続ライセンス」は「買い切り」の意味合いで今後料金が発生することはありませんが、「サブスクリプション」の場合は1年ごとに費用が発生します。

ただし、サブスクリプション型はすべてのアプリケーションが常に最新バージョンで使用できるので、バージョンが古くなって買い換えが必要ということがありません。

(Office製品は現在、3年ごとに新らしいバージョンを発売しており、常に最新のバージョンを使いたい人は買い替えの必要がないという面で楽ちんです。)

また、「永続ライセンス」にはサポート期限がありExcel 2019の場合は、メインでのサポート期限が2023年10月10日、延長サポート期限が2025年10月14日となっています。(サポートが切れても使用すること自体は可能です。)

公式製品のライフサイクル

メリット・デメリット

メリットデメリット
永続ライセンス・買い切りのため長期使用を考えると安価・買った時点のバージョンを使い続ける
・いずれサポートが切れる
サブスクリプション・常に最新版を使用できる
・Microsoft Officeすべてを使える
・月額費用が発生する

教育機関や学生は安く使える

教育機関の場合、Office 365 Educationを使用すれば、破格な値段でOffice 365を使用できます。

(ダウンロードページの「学生と教職員向けの Microsoft 365」の項目からOffice 365 Educationのダウンロードに進めます。)

Office 365 Educationで一般的なOfficeソフト(エクセル、ワード、パワーポイントなど)を使用する場合には、「Office 365 A3」のプランが必要で、下記の値段となります。

  • 学生:270円/月額
  • 教員:350円/月額

※こちらは所属している教育機関が購入する必要があります。

対象とならない学生の場合は、Microsoft Office Home & Student (Mac)を購入すると、費用を抑えて購入することが可能です。

Outlookの購入金額の比較

では、Outlookを購入した場合の費用は使用する期間でどれくらい変わるかというと。

ライセンス次のバージョンまでサポート期限まで
Outlook 2019買い切り14,643円14,643円
Office Personal 2019買い切り29,493円29,493円
Office Home & Business 2019買い切り34,443円34,443円
Microsoft 365 Personal年間契約38,952円77,904円
Microsoft 365 Business Standard年間契約48,960円97,920円

すべてのアプリケーションを使いたいのではなく、Outlookが使いたいという人は、Outlook 2019を購入するのが圧倒的に安く済みますね。

Outlook単体での購入(ダウンロード)

あまりおすすめではないですが、Outlookだけの購入(ダウンロード)で十分だという人はこちらから購入しましょう。

Outlook 2019 はWindows10以前は対応外のため、 それ以前のバージョンを使用している場合は、Outlook 2016などの旧バージョンをダウンロードする必要があります。

自分の使っているパソコンのWindowsのバージョンを確認しておきましょう。

Windowsのバージョンを確認する方法【解決】Windowsパソコンのバージョンを確認する方法

Windows10を使っている場合

Windows10を使っているのであれば、最新バージョンであるOutlook 2019を購入しましょう。

Windows10を以前のバージョンの場合

Outlook 2016を購入できるところが既に見当たらないため、パッケージのMicrosoft Office Home and Business 2016を購入するのが良いでしょう。

ただし、こちらもじきに販売終了となると思われます。

Officeのパッケージを購入(ダウンロード)

Outlookと併せてエクセルやパワーポイントを含んだパッケージを購入するなら、「永続ライセンス」の「Office Home & Business 2019」を購入するのがおすすめです。

※ Microsoft 365は月額での支払いとなり、長く使用すると高額になるので、買い切りである「Office Home & Business 2019」の方がおすすめです。

Microsoft Officeを購入しよう!【決定版】Microsoft Officeを購入(ダウンロード)する方法のまとめ

Windows10より古いバージョンの場合

Windows10より以前のバージョンの場合は、「Office Home and Business 2016」を購入しましょう。

よくある質問

これまでによく質問されることが多いものを紹介します。

どう買うのが1番お得?

正直、Outlookだけを購入するのはおすすめできません。

どうしてもOutlookだけを使いたいなら別ですが、メールだけしたいのであればWEB上で使うくらいは問題ないと思います。

エクセルやパワーポイントを含んだパッケージを購入し、Outlookをインストールするのが一番のおすすめです。

Outlookって必要なの?

Outlookそのものはただのメールソフトであるので、必須というわけではありません。

その他のフリーソフトなどでも十分な場合が多いでしょう。

ただし、Windowsの発売元のMicrosof社が発売していることもあって、安心感は抜群です。

Windows使ってるならOutlookって感じかな。

Microsoft社のページ

Microsoft社のOffice 2019発売情報

Microsoft社が発表したOffice 2019発売のページはこちらからです。

参考 2019 年 1 月 22 日(日本時間)より、家庭向け Microsoft Office 2019 の販売を開始します!Microsoft Windows Bolgs

インストールまでの手順

Microsoft社公式のインストール手順はこちらから確認できます。

参考 インストール手順Microsoft社

まとめ

Outlookの購入方法を比較してみました。

Outlookだけ使いたいのであれば、ブラウザでOutlookにアクセスして確認するくらいは我慢できるかなと思いますが、

エクセルなども今後必要になってくるのであれば、パッケージを購入しておくのがおすすめです。

Microsoft Officeを購入しよう!【決定版】Microsoft Officeを購入(ダウンロード)する方法のまとめ

コメントを残す