コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【安全・軽い・安い】セキュリティソフトの比較とおすすめ重視別【2020】

セキュリティソフトのおすすめ

今回は、パソコンのセキュリティソフトってどれがいいのか分からないよ!という方向けに、セキュリティソフトのおすすめを紹介していきます。

実際、普通にパソコン使ってる分には、どのセキュリティソフトがコスパがよくて、動作が軽いのかって分からないですよね。

そこで、AV-Comparatives」というセキュリティソフトの調査機関が行った調査をもとに比較を行い、おすすめを紹介していきます!

本記事で重要視するポイントは3つ。

  • 安全性(検出率)
  • 軽さ(パフォーマンス)
  • 費用

この3つのポイントから判断したおすすめのセキュリティソフトを紹介します。

セキュリティソフトの3大重要項目!

比較まとめを先に紹介

ソフト名ESETノートンマカフィーカスペルスキーウイルスバスターZERO ウイルスセキュリティ
見た目ESETノートンマカフィーカスペルスキーウイルスバスターZERO
保護性能☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
軽さ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
安さ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
購入場所ESETノートンマカフィー リブセーフカスペルスキーウイルスバスター クラウドZERO ウイルスセキュリティ

まず、セキュリティソフトが必要かどうかをお悩みの方はこちら。

セキュリティソフトの必要性セキュリティソフトの必要性は?パソコン初心者にこそ必要!

既存のセキュリティソフトとは異なる新しい考え方のセキュリティソフトが発売されました。

軽いセキュリティソフトならAPPGUARD【APPGUARD】軽いセキュリティソフトなら絶対これがおすすめ!

セキュリティソフトの性能比較

どのセキュリティソフトが良いかを判断するため、性能の比較を行っていきましょう。

漠然とどれが良いか見ても分からないと思いますので、有力どころのセキュリティソフトに注目してみましょう。

  • ESET
  • McAfee(マカフィー)
  • Kaspersky(カスペルスキー)
  • Trend Micro(ウイルスバスター)
  • Symantec(ノートン)

この5つが有力どころなんで、注目して見ていこう!

安全性(検出率)の比較

何についても、まず安全性(検出率)です。せっかく購入したセキュリティソフトが守ってくれないのでは意味がありません。

安全性(検出率)の比較結果

AV-Comparativesのセキュリティソフト比較結果

各グラフの意味合いはこちら。

  • 赤:Compromised(防げなかった攻撃)
  • 黄:User dependent(ユーザーの操作や設定によって防げる攻撃)
  • グレー:Blocked(ブロックした攻撃)
  • オレンジ線:False Positive(誤検知した数)

どのセキュリティソフトも軽く95%以上の攻撃を防ぐことができていますが、特にSymantec(ノートン)が優秀で、ESETが少し劣るという結果です。

世界的にシェアの高いノートンはさすがといったところでしょうか。

参考 Real-World Protection Test July-October 2019AV-Comparatives

軽さ(パフォーマンス)の比較

よくセキュリティソフトを入れたら重くなったなどの声を聴きますが、軽さの比較ではこのような結果になりました。

パソコンの動作が遅くなるのを嫌う人が意外と多く、軽さ(パフォーマンス)重要視する人も結構います。

軽さ(パフォーマンス)の比較結果

セキュリティソフトの軽さ比較

ファイルのコピーやアプリケーションの起動、ファイルのダウンロードやブラウザでのサイト表示などの指標を総合した結果です。

表の上にあるものほど動作が軽いと判断してよいでしょう。

ESETが最も軽く、McAfee(マカフィー)やKaspersky(カスペルスキー)が続いています。

また、Symantec(ノートン)やTrend Micro(ウイルスバスター)がかなり遅い結果となっています。

保護性能が高いと重くなる傾向にありますね。
参考 Performance Test October 2019AV-Comparatives

費用の比較

セキュリティソフトの購入は基本的に、1年単位や複数年の単位で更新する必要があり、更新費用が安いかどうかもポイントになります。

もちろん、複数年での更新の方が費用が安くなるし、更新する手間が少ないのでおすすめ。

中でも、ZEROは一度購入すると更新費用がかからないため、購入費用をかなり安く抑えることができます。

ソフト名ESETノートンマカフィーカスペルスキーウイルスバスターZERO ウイルスセキュリティ
価格(1年版)6,600円(税込)6,028円(税込)9,146円(税込)5,072円(税込)5,720円(税込)1,980円(税込)
価格(3年版) 9,900円(税込)14,388円(税込)16,785円(税込)12,375円(税込)13,580円(税込)1,980円(税込)
インストール可能台数1/3/5台1/3/5台無制限1/5台3台1/5台
購入場所ESETノートンマカフィー リブセーフカスペルスキーウイルスバスター クラウドZERO ウイルスセキュリティ

※記事更新時の金額になります。変わっている場合がありますので、正確な金額は各購入サイトで確認してください。(キャンペーンによってさらに安くなっている場合があります。)

※インストール台数が3台を基本として表記しています。

セキュリティソフトのおすすめ重要視別

上記の比較結果から、それぞれ重視する項目に合わせておすすめのセキュリティソフトを詳しく紹介していきます。

各セキュリティソフトの詳細は公式サイトを読んでもらうのが確かなので、本記事では、ポイントを押さえて紹介していきます。

自分の好みや、重視する内容に合わせて選んでね。

ESET|軽さを最重視するなら

ESETの公式サイト

パフォーマンスの比較結果から分かる通り、セキュリティソフトに軽さを求めるなら、今のところ間違いなくESETがおすすめです。

比較的スペックの低いパソコンにインストールする場合には特におすすめです。

パソコンが重くなってイライラしたくないという人はESET!

価格6,600円(1年版)~(税込)
台数1台/5台
更新年数1年/3年
無料体験版あり

\ 公式サイトでキャンペーンをチェック /

ノートン|保護性能を最重視するなら

ノートンの販売サイト

ノートンはアメリカのシマンテック社が発売している世界で売上No.1のセキュリティソフトです

150カ国4,200万の攻撃センサーから収集した脅威に関するビックデータをAI技術で解析して製品に活かしています。

軽さよりも何より安全にパソコンを使いたいという人はノートンですね。

価格6,028円(1年版)~(税込)
台数1台/3台/5台
更新年数1年/2年/3年
無料体験版あり

\ 公式サイトで購入する /

マカフィー|インストール台数を最重視

マカフィーの公式サイト

インストールする台数が多いので、費用を抑えたいという人はマカフィーがおすすめです。

保護性能と軽さのバランスが良く、問題なく使うことができます。

価格9,146円(1年版)~(税込)
台数無制限
更新年数1年/3年
無料体験版あり

\ 公式サイトでキャンペーンをチェック /

カスペルスキー|安心安全の性能

カスペルスキーの公式サイト
価格4,054円(1年版)~(税込)
台数1台/5台/(無制限)
更新年数1年/2年/3年
無料体験版あり

カスペルスキーは、ロシア製品で、長年の評価においてすべての機能が優れている上、軽さも申し分ないという評価の高いセキュリティソフトです。

長年の実績と総合的なセキュリティソフトを購入したいなら、カスペルスキーがおすすめです。

また、プレミアムライセンスを購入すると、インストール台数を無制限で導入することができます。

\ 公式サイトでキャンペーンをチェック /

ウイルスバスター|日本のシェア率を重視

ウイルスバスターの公式サイト

ウイルスバスターは、トレンドマイクロ社が発売する日本で販売本数No.1のセキュリティソフトです。

遅くなるという声も聞こえますが、他の人と同じセキュリティソフトをいれておきたいという人は、ウイルスバスターがよいでしょう。

価格5,720円(1年版)~(税込)
台数3台
更新年数1年/2年/3年
無料体験版あり

\ 公式サイトでキャンペーンをチェック /

ZERO ウイルスセキュリティ|安さを最重視するなら

ZEROの公式サイト

ZEROは他のセキュリティソフトと違い、更新料が発生しないので、年数を重ねるごとに費用に圧倒的な差が出てきます。

ただし、パスワード管理や決済ブラウザの保護がなかったりと、機能面で他のセキュリティソフトより多少少ない面があります。(追加購入が可能)

セキュリティソフトは必要だけど、シンプルなもので費用はかけたくない!という人におすすめ。

価格1,980円(税込)
台数1台/5台
更新年数無期限
無料体験版あり

\ 公式サイトが最安値! /

よくある質問

よくある質問をまとめておきました。参考になれば。

有料版と無料版の違い

セキュリティソフトにも無料版(フリー)のものが存在します。

しかしながら、無料版のセキュリティソフトが保護してくれる機能がかなり制限されてしまうため、本記事ではおすすめしていません。

有料版と無料版の比較例

ソフト名 アバスト無料アンチウイルス ESET ウイルスバスター クラウド
費用無料有料有料
マルウェア
ランサムウェア対策×
ネットバンク保護×
迷惑メール×
ファイアウォール×
ID/パスワード管理

セキュリティソフトを入れるなら、必要な部分をちゃんとカバーしてくれるのがいいよね?

Windows10であれば、高性能のWindows Defenderが無料で使えます。

Windows Defender【Windows Defender】Windows10標準の無料セキュリティソフトの性能と比較

自分がどれを重視すればよいか分からない

パソコンに詳しくないので、どれを選べばよいのか正直分からないという人は、ESETかウイルスバスターがおすすめです。

ESETは軽いので、初心者が買っているようなスペックの低いパソコンでもパフォーマンスが落ちにくいです。

また、ウイルスバスターは日本での普及率がNo.1ということもあって、分からなかった場合に知り合いなどに聞ける確率が高いので、ヘルプが出しやすいです。

人気順は?

セキュリティソフトの人気順は、Amazonのセキュリティソフトのランキングで確認するとおおよその順位が分かります。

\ Amazonで確認しよう! /

セキュリティソフトのランキング

あくまで参考にって感じで。

個人的なおすすめ順を教えて!

各セキュリティソフトで良いところと悪いところ、好みがあるので一概には言えないのですが、個人的なおすすめの順位を独断と偏見で紹介します。

  1. ESET:とにかく早い
  2. カスペルスキー:長年の評価が高い
  3. ノートン:やっぱり世界シェアNo.1
  4. マカフィー リブセーフ:台数を気にする時には
  5. ウイルスバスター:遅い
  6. ZERO ウイルスセキュリティ:評価が分かれる

僕はパソコンの動作が遅くなるのが嫌かなぁ。

まとめ

「安全・軽い・安い」の観点からそれぞれ重視する内容にあわせておすすめのセキュリティソフトを紹介しました。

当たり前ですが、用途や目的にあったものを採用するのが、もっともコスパが良いです。

また、紹介したどの製品も基本的な機能はすべて抑えてあるので、よくわからなかったらパッケージや名前の好みで買っても、大きな問題は起こらないはずです。

どの製品もちゃんと機能してくれるよ!

おすすめ比較まとめ

ソフト名ESETノートンマカフィーカスペルスキーウイルスバスターZERO ウイルスセキュリティ
見た目ESETノートンマカフィーカスペルスキーウイルスバスターZERO
保護性能☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
軽さ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
安さ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
購入場所ESETノートンマカフィー リブセーフカスペルスキーウイルスバスター クラウドZERO ウイルスセキュリティ

8 COMMENTS

o

ソースネクストのセキュリティソフト、ZEROは、
ZERO ウイルスセキュリティ、ZERO スーパーセキュリティ、クラウドセキュリティ ZERO
の三つがあり、性能と価格が違います。
比較しているのは ZERO ウイルスセキュリティ のようなので、表とか見出しとかに 単に ZERO と書くのはアンフェアではないのかと思います。

有料版と無料版の違いのところにある表で、ウイルスバスタークラウドにファイアウォールがあると書かれてますが、 ありません。
公式サイトのヘルプセンターによると、Windowsのファイアウォールと自前のIDSを組み合わせ、ファイアウォールチューナという名で呼んでいるようです。
これに限らず、一部のセキュリティソフトはOS標準のファイアウォールに独自UIを付けただけのものがあったりします。

返信する
おーちゃん

ZEROの「ウイルスセキュリティ」が抜けているとのご指摘いただきありがとうございます。
修正させていただきました。

ウイルスバスターのファイアウォールですが、確かにファイアウォールを一貫してまかなう機能はありません。
しかし、Windows標準のファイアウォールに加え「自前のIDS(侵入検知システム)」とネットワークウイルスからの防御機能を追加することができセキュリティを強化できる点、加えて独自UIもあることから、私自身「機能自体はある」と認識しております。
判断が分かれる所ではあるとは思いますが、表ではファイアウォールの基点ではなく、機能があるかどうかで記載させていただいているため、ウイルスバスターにファイアウォール機能があると記載させていただいております。

返信する
o

費用の比較の表、ESETの値段がまちっが照るようです。ものすごく高い。

安全性(検出率)の比較結果のグラフを見る限り、K7(ZERO ウイルスセキュリティ)のほうがESETよりも成績が良いような…?

返信する
おーちゃん

費用の比較表の金額を最新の状態へと更新いたしました。

K7はZEROスーパーセキュリティ(ZEROウィルスセキュリティの上位版)の検出率と認識しております。「スーパーセキュリティ」と機能の違いは? 【ウイルスセキュリティ】でもあるように、ウイルスセキュリティの方では機能も少なくなり検出率がさらに低くなると予想されます。

返信する
o

ソースネクストのセキュリティソフトはそれぞれ作ってるところが違います。
 ZEROウイルスセキュリティは K7Computing(インド)
 ZEROスーパーセキュリティは BitDefender(ルーマニア)
よって、K7とZEROスーパーセキュリティの性能は全然関連性がないと思います。

返信する
おーちゃん

確かにZEROスーパーセキュリティのエンジンはBitdefender Internet Securityですね。間違えて認識しておりました。ご指摘ありがとうございます。
ZEROウイルスセキュリティの評価を改めさせていただきます。

返信する
o

ZERO ウイルスセキュリティ の表に、体験版がないと書いてありますが、 あります。
公式サイトの ZERO ウイルスセキュリティ のページで、ページ内検索すると見つかるかと思います。
ただし、(個人であっても)法人向けサイトへ飛ばされるので、かなり面喰いますが…

返信する

コメントを残す