コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

ファイルの拡張子の表示・非表示を設定する方法

ファイルの拡張子の表示・非表示

Windows ファイルの拡張子の表示・非表示を設定する方法を紹介します。

Windowsのデフォルトの設定では、ファイルの拡張子を非表示に設定してありますので、必要になる人は表示する設定を行いましょう。

ファイルの拡張子は意外と重要だから表示させておくことをおすすめします。

このような切り替えをする方法

ファイルの拡張子の表示と非表示

ファイルの拡張子の表示・非表示を設定する

ファイルの拡張子の表示・非表示を設定する方法はとても簡単です。

Windowsのバージョンによって多少の違いはあるものの、基本的にはほぼ同じ作業で拡張子の表示・非表示を設定できます。

拡張子とは
ファイルの拡張子は、ファイルがどのアプリケーションで使用されるものなのかを判断するために必要なファイルです。例えば、メモ帳で使用されるテキストファイルは「.txt」がつけれらており、エクセルの場合「.xls」や「.xlsx」がバージョンの違いまで判断できます。

ファイルの拡張子の表示・非表示を設定する

初めに、「ウィンドウズキー」+「E」を同時に押すか、タスクバーのフォルダーのアイコン、またはデスクトップの「PC」からエクスプローラーを開いてください。

エクスプローラーの表示

次に、ファイルの拡張子の表示・非表示の設定をバージョンごとに説明しておきますので、適当な箇所の手順を進めてください。

Windows10/8の場合

Windows10/8の場合はファイルの拡張子の表示・非表示を設定する方法が2通りあります。

基本的には「表示タブのチェックを外す」手順が簡単なのでおすすめです。

「表示」タブのチェックを外す

表示」タブにある「表示/非表示」項目の「ファイル名拡張子」のチェックが外れていれば非表示、チェックが入っていれば非表示となります。

(ファイルの拡張子を表示したい場合はチェックを入れます。)

ファイル名拡張子のチェックを外す

フォルダーのオプションから設定する

同じく「表示」タブにある「オプション」をクリックします。

フォルダーのオプションを選択

フォルダーオプション」が表示されるので「表示」タブにある「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外すと拡張子が表示され、チェックを入れると拡張子は非表示に設定されます。

拡張子の項目を設定する

設定した後は、「OK」ボタンを押して設定を反映させてください。

Windows7/Vistaの場合

Windows7/Vistaの場合は、Windows10/8のフォルダーのオプションから設定する方法とほとんど同じです。

整理」のプルダウンから「フォルダーと検索のオプション」を選択します。

Windows7のフォルダーと検索のオプション

フォルダーオプション」が表示されるので「表示」タブにある「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外すと拡張子が表示され、チェックを入れると拡張子は非表示に設定されます。

拡張子を表示する項目を設定

最後に

各バージョンに合わせてWindowsファイルの拡張子の表示・非表示を設定する方法を紹介しました。

社内でエクセルのバージョンが複数ある場合などは「.xls」と「.xlsx」の表示が必要になったりと、表示されていても問題にならないことが多いので、ファイルの拡張は表示させておくのがおすすめです。

同じような内容で質問されることが多い、透明なファイルを非表示にする方法は下記のページで説明しています。

透明なファイルを非表示にする方法 透明なファイルを非表示にする方法|おばけのファイルを隠す

コメントを残す