コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【Windows10】ストレージセンサーで定期的に自動でクリーンアップを実現!

ストレージセンサーで定期的に自動でクリーンアップ

Windows10には、自動で定期的に不要な一時ファイルなどを削除(クリーンアップ)してくれる便利な機能が搭載されています!

不要なデータを残しておくと、パソコンの動作が遅くなったり、無駄に容量を圧迫したり良い事は一つもありません。

しかし、定期的なクリーンアップなどの作業は面倒な上に忘れがち…

そんな悩みを解決してくれる便利な機能が「ストレージセンサー」なんです!

めんどくさがりな僕にぴったり!

ストレージセンサーとは

ストレージセンサーとは、Windows10で標準機能となった「一時ファイルやゴミ箱の内容などの不要ファイルを削除して、自動的に空き容量を増やす」という機能で、

本来、定期的に実行した方がよいクリーンアップを、手動ではなく自動で実行してくれるとてもありがたい機能です。

削除するタイミング等も設定することができ、「ディスクの空き領域の不足時」に実行するなんてことも可能です。

自動的に綺麗にしてくれるなんて、客室清掃みたいなありがたい機能だね!

ストレージセンサーの設定

ストレージセンサーの設定も簡単に行うことができるので、ぜひとも設定しておきましょう。

ストレージセンサーをオンにする

システムの設定でストレージセンサーをオンにします。

  1. ウィンドウズメニューから「設定」をクリック

    ウィンドウズメニューの設定
  2. 「システム」をクリック

    システムをクリック
  3. 「ストレージ」項目のストレージセンサーの実行を「オン」にする

    ストレージセンサーをオンにする

まずは、これでストレージセンサーをオンにすることができました。

ストレージセンサーを設定する

続いて、ストレージセンサーが実行されるタイミングと対象を設定していきましょう。

  1. 「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」をクリック

    ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行するをクリック
  2. ストレージセンサーの設定画面が表示される

    ストレージセンサーを構成する
  3. 「ストレージセンサーを実行するタイミング」を設定する

    ストレージセンサーを実行するタイミング
  4. 一時ファイルの「アプリで使用されていない一時ファイルを削除します」にチェックを入れ期間を設定

    削除対象となる期間を設定する
  5. 「ダウンロード」フォルダーに保存してから次の期間が過ぎたファイルを削除するを設定

    ダウンロードフォルダーのファイルを削除

    残しておきたいファイルがあるなら「許可しない」を選択

  6. ローカルで利用可能なクラウドコンテンツを設定する(OneDriveに同期したファイルは端末にも保存しておくか)

    OneDrive同期ファイルを対象とするか

    OneDriveと端末両方に保存しておきたい場合は「許可しない」を選択

以上でストレージセンサーの設定は完了です。

設定したタイミングで自動でストレージセンサーが実行されるようになります。

簡単だよね?

ストレージセンサーを手動で実行する

「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」画面の下部には、「今すぐクリーンアップ」というボタンがあります。

このボタンをクリックすると、ストレージセンサーを手動で実行することができます。

「今すぐクリーンアップ」で実行する

実際の「今すぐクリーンアップ」の動作を見てみましょう。

  1. 「今すぐクリーンアップ」をクリック

    ストレージセンサーの今すぐクリーンアップ
  2. クリーンアップが実行される

    ストレージセンサーのクリーンアップを実行
  3. クリーンアップが完了し、結果が表示される

    ストレージセンサーのクリーンアップが終了

ほんとにクリックするだけの簡単操作だったね。

まとめ

定期的に自動でクリーンアップを行ってくれる「ストレージセンサー」と設定方法を紹介しました。

どうしても疎かになってしまうクリーンアップ作業を自動で行ってくれるとても便利な機能です!

不要ファイルの削除などを知らない・忘れがちなパソコン初心者にこそおすすめの機能ですね。

これは設定しておかないともったいない!!

コメントを残す