コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

エクセルでセルの先頭のシングルクォーテーションを一括削除する方法

セルの先頭のシングルクォーテーションを削除

システムから出力したデータなどをエクセルで表示した場合、意図せずにセル内の文字列の先頭にシングルクォーテーション(’)が表示されている場合があります。

この場合のシングルクォーテーションは置換などでヒットしないので、大量のセルのシングルクォーテーションを一つ一つ削除しなければなりません…。

そんな作業はやってられないので、一括でシングルクォーテーションを削除する (消す) 方法を紹介します。

セルの入力からシングルクォーテーションをDeleteBackSpaceで削除できない場合は、本記事の内容では削除することができないので、エクセルで「’」シングルクォーテーションが自動で表示されるを参考にしてください。

覚えておくと便利だよ!

シングルクォーテーションを一括削除する

シングルクォーテーションを削除する方法ななん通りも考えられますが、僕が普段使用する方法を紹介します。

MEMO
今回紹介する手順を使用すると、セルの書式が「標準」に設定されます。問題がない場合のみ実施するようにしてください。

一括削除する手順

まずは、空白のセル(書式を設定していない標準のセル)をコピーします。

空白のセルをコピーする

続いて、シングルクォーテーションを削除する範囲を選択します。

範囲を選択する

右クリックメニューから「形式を選択して貼り付け」の「その他の貼り付けオプション」の「書式」をクリックします。

書式の貼り付けを選択

選択した範囲のセルの先頭のシングルクォーテーションが削除されます。

先頭のシングルクォーテーションが削除される

ショートカットキーを使用した最速手順

上記の手順でも十分なんですが、ショートカットキーを使用すると、さらに早くシングルクォーテーションを削除することができます。

一見手順数はそんなに変わらないように見えるけど、実際にやって慣れると結構スピードが違ってくるよ。削除する範囲が多いときは使ってみてね。

空白のセルをコピーして範囲を選択するまでは同じですが、右クリックせずにそのままCtrl+Vで貼り付けます。

空白のセルを貼り付け

一旦真っ白になってしまいますが、問題ありません。

そのままでCtrlを押すと、貼り付けオプションが表示されるので、を3回入力してEnterを押すと、

貼り付けオプションが表示される

同様に、シングルクォーテーションを削除することができます。

先頭のシングルクォーテーションが削除される

マウスを触らず作業するのが、スピードアップのコツです。

貼り付けオプションが表示されない場合は、こちらの記事を読んでください。

エクセルの貼り付けオプションが表示されない場合【解決】エクセルの貼り付けオプションが表示されない

置換ではヒットしない

シングルクォーテーションを削除するのは、置換でもできそうですが、実際にシングルクォーテーション(’)で検索をかけると、

置換ではヒットしない

このように、入力されているのにヒットしません。

これは、シングルクォーテーションが「このセルの内容は文字列である」という記号であると認識されているため、置換可能な文字と認識されていないからです。

おわりに

セルに入力されたシングルクォーテーションを一括で削除するには、空白のセルの書式を貼り付けることで、削除することができます。

システムから出力されたデータなどに多い現象ですので、上記の作業や、シングルクォーテーションを削除する際には、データを意図せず変換しないように十分注意してください。

気づかないうちに値を変更してたなんてことがあると悲惨なことに…。

コメントを残す