コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

Outlookのメールに自動で署名を追加する設定

メールに署名を追加する

Outlookのメールの本文に自動的に署名を追加する設定を説明します。

仕事でメールを使う場合にはほぼ必須の機能です。

メールを使い始めるならまずは署名ですよね。

メールの本文に自動的に署名を追加する設定

Outlookのオプションで、署名内容を設定し自動的にメール本文に追加させます。

新しく署名を追加する

署名を追加するためのオプションを表示させるため、まずは「ファイル」タブをクリックします。

outlookのファイルタブをクリック

オプション」をクリックします。

ファイルタブのオプションをクリック

Outlookのオプション」が表示されるので、「メール」の項目から「署名」を選択しましょう。

オプションから署名を選択

署名とひな形」ウィンドウで「新規作成」をクリックし、新しく署名を作成します。

MEMO
電子メールアカウント複数ある場合は、追加したいアカウントになっていることを確認してください。
署名を新規作成する

新しい署名」が表示されるので、新しく追加する署名に対する名前を付けましょう。

署名のフォーマットに名前をつける

名前を付けた新しい署名が作成されますので、「署名の編集」欄の内容を編集し、自分の署名を入力しましょう。

署名の内容を追加する

最後に、「新しいメッセージ」と「返信/転送」に作成した署名を指定します。

署名を追加するタイミングを指定する

設定が完了すれば、「OK」ボタンをクリックしましょう。(「Outlookのオプション」ウィンドウも「OK」ボタンで閉じます。)

これで、新しくメールを作成したときに、自動的に署名が追加されるようになります。

署名が追加されている

画像を挿入したい場合

署名に画像を挿入したい場合は、「署名の編集」の画像のアイコンから挿入可能です。

画像を挿入するアイコン

新規メール用と返信用を切り替える

新規メール用と返信用などと署名を切り替えることが可能です。

署名とひな形」ウィンドウの「規定の署名の選択」項目で「新しいメッセージ」で新規メール時の署名を、「返信/転送」欄で返信と転送用の署名を設定します。

※ 事前にそれぞれの署名を作成しておく必要があります。

また、項目から「なし」を選択すると、署名は紐づけられません。

新規メールと返信用を切り替え

メール別に署名を追加できる

各メッセージ作成タイミングに署名を紐づけていなくても、(「なし」を選択した場合)でもメールに署名を追加」することができます。

メール作成時に「メッセージ」タブの「署名」の項目から作成した署名を選択することで、メールに署名を追加することができます。

複数の署名を作成しておいて、場合によって切り替えても良いですね。
メールから署名を追加

最後に

基本的な署名の設定方法を説明しました。

後々楽になりますので、新しくメールを設定するときには、署名の設定も忘れずにしておきましょう。

Outlookのお気に入りを非表示に設定Outlookのお気に入りを削除(非表示)にする Outlookの優先受信トレイを無効に【Outlook】受信トレイの「優先」を無効に設定する方法

コメントを残す