コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

パソコンのペイント機能を使って画像サイズを変更する

使いたい画像のサイズが大きかったりした場合に、Windowsの標準機能であるペイントを使って画像サイズを変更する方法を紹介します。

画像を小さくすると、ファイル容量も小さくなるので、大きすぎるファイルを適切なサイズにすると、ファイル容量の節約にもなります。

ペイントで画像のサイズを変更する

本記事では、window10での操作を基本として説明していきますが、他バージョンでも基本的に同じ操作です。

ペイントを起動する

ウィンドウズメニューから「Windowsアクセサリ」にある「ペイント」をクリックして、ペイントを起動します。

ペイントを起動する

サイズ変更する画像を開く

ファイル」タブの「開く」から画像を選択するか、ペイントへサイズ変更する画像をドラッグアンドドロップして開きます。

サイズ変更する画像を開く

現在の画像のサイズを確認

画像を開くと、現在の画像のサイズと容量を確認することができます。

画像サイズを変更する前に、ペイント画面下部に表示されている現在の画像サイズとファイル容量を確認しておきましょう。

画像のサイズと容量を確認

画像サイズと容量が表示されていない場合

ペイントのウィンドウ下部に画像サイズと容量が表示されていない場合は、「表示」タブにある「ステータスバー」にチェックを入れると表示されます。

ステータスバーにチェックを入れる

サイズ変更

画像のサイズを変更するには、「ホーム」タブにある「サイズ変更」をクリックします。

ホームタブのサイズ変更をクリック

サイズ変更と傾斜」ウィンドウが表示されるので、先ほど確認した画像のサイズを参考にして、変更したいサイズを指定し「OK」ボタンを押しましょう。

パーセント」、「ピクセル」のどちらで指定しても構いません。

横幅が600pxの画像などと画像サイズの指定がある場合は、ピクセルの方が指定しやすいですね。

サイズ変更と傾斜ウィンドウで指定する

MEMO
画像の縦横比が変わると画像そのもののイメージが崩れてしまう可能性が高いので、縦横比を維持するにはチェックを入れておくのがおすすめです。

本記事では、例として「パーセント」で50と指定したので、画像のサイズ縦横半分になっていることが、ステータスバーで確認できます。

画像サイズの変更後の数値の確認

MEMO
ファイルの容量は画像を保存するまで更新されないので、今の段階では、サイズ変更前と同じ容量となっています。

名前を付けて保存

適切な画像サイズに変更した後は、「名前を付けて保存」で画像を保存しておきましょう。

名前を付けて保存する

上書き保存すると、元の画像がなくなってしまうので、いざという時に困ってしまいますので、名前を付けて保存がおすすめです。

名前を付けて保存後、ペイントのステータスバーが更新され、サイズ変更後のファイルサイズが表示されていますので、確認してみましょう。

ファイルサイズが更新されている

最後に

Windowsの標準機能であるペイントを使って画像サイズを変更する方法を紹介しました。

画像サイズをうまく変更することができると、様々な場面で活用できるので、ぜひ覚えておきましょう。

コメントを残す