コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

ペイントで画像を合成する(重ねる)方法

ペイントで画像を合成する

Windowsの標準機能であるペイントだけで画像を合成する(重ねる)方法を紹介します。

質うんぬんを抜きにすると簡単に合成することができます。

本記事ではwindow10で解説していますが、他バージョンでも基本的な操作は同じです。

合成の前と後

ペイントでの合成サンプル

必要なもの
  • ベースとなる画像
  • 合成(追加)する画像(背景が透明の画像が望ましい

ペイントで画像を合成する

Windowsの標準機能でサクッと画像を合成する方法です。

簡単に言うと、画像の上に画像を貼り付けるだけなのでとても簡単です。

ペイントを起動する

ウィンドウズメニューから「Windowsアクセサリ」にある「ペイント」をクリックして、ペイントを起動します。

ペイントを起動する

ベースとなる画像を開く

ファイル」タブの「開く」からか、ドラッグアンドドロップしてベースとなる画像を開きます。

ベースの画像を開く

本記事では、猫の画像に太陽のイラストを追加していく例を挙げたいと思うので、猫の画像を開きます。

合成(追加)する画像を開く

次に、合成したい画像を「貼り付け」の「ファイルから貼り付け」から選択してペイントに追加します。

貼り付けのファイルから貼り付けを選択

追加した画像がベースとなる画像の上に表示されます。

画像を追加した結果

合成する画像が大きすぎる場合は、ペイントの範囲が必要以上に広くなってしまうので、先にある程度画像のサイズを変更しておくと手間がかかりません。

パソコンのペイント機能を使って画像サイズを変更する

背景を透明に

貼り付けたままだと、背景が白塗りで表示されてしまいます。

事前に背景が透明なファイルを用意している場合は、こちらの手順で背景を透明にしましょう。

合成する画像を貼り付けた後の状態のまま「選択」項目の「透明の選択」をクリックします。

合成する画像の背景を透明に

合成(追加)した画像の背景が透明になります。

合成した画像の背景が透明になる

MEMO
拡張子がJPEGでは背景が透明な画像を保存することはできません。PNGなどの透明な背景を保存できる拡張子で画像データを用意しておきましょう。

サイズを合わせる

次に画像に合うようにサイズを変更していきます。

ホーム」タブにある「サイズ変更」をクリックしましょう。

サイズ変更をクリックする

サイズ変更と傾斜」ウィンドウで配置したい適切なサイズを指定しましょう。

単位は「パーセント」でも「ピクセル」でも構いませんが、画像が崩れてしまわないように「縦横比を維持する」にはチェックを入れておきましょう。

適切なサイズを指定する

このように、適切なサイズを指定できればOKです。

画像のサイズ変更結果

画像を移動させる

次に、追加してサイズ変更した画像を任意の場所に移動させます。

ポイントとしては、マウスの表示が十字になっている状態でドラッグすることで、画像を移動させることができます。

マウスが十字になっている状態でドラッグする

任意の場所に移動させれればOKです。

合成した画像を移動させた結果

名前を付けて保存

これで、画像の合成自体は完了しましたが、元の画像データ(今回の場合は猫のみの画像)を残しておきたい場合は、「上書き保存」ではなく、「名前を付けて保存」で合成した画像を保存しましょう。

最後に

Windowsの標準機能のペイントのみで画像を合成することができました。

ペイントに関連する記事

ペイントに関連するおすすめの記事を紹介しておきます。

ペイントでぼかし(モザイク)を入れる方法 Windowsのペイントで画像にぼかし(モザイク)を入れる方法

コメントを残す