コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【ペイント】画像にぼかし(モザイク)を入れる方法

ペイントでぼかし(モザイク)を入れる方法

Windowsの標準機能であるペイントで画像にぼかし(モザイク)を入れる方法を紹介します。

Photoshopやフリーソフトをダウンロードせずに、Windowsの標準機能だけで簡単にぼかしを入れることができます。

最近では、スマホでも簡単にモザイクをかけることができたりするようですが、パソコンに画像があるなら、パソコンでちゃちゃっとぼかしを入れてしまいましょう。

こんな感じにぼかす

ペイントでぼかしを入れたサンプル

猫ちゃんに「寝顔は恥ずかしいからぼかしを入れてくれ。」と言われた場合はこのようにぼかしを入れてあげることができます。

ペイントで画像にぼかしを入れる方法

本記事ではWindows10をベースに解説していますが、その他のWindowsでもペイントを起動さえすればぼかし方は同じです。

ペイントを起動する

ウィンドウズメニューから「Windowsアクセサリ」にある「ペイント」をクリックして、ペイントを起動します。

ペイントを起動する

ぼかしを入れたい画像を開く

起動した「ペイント」にぼかしをかけたい画像をドラッグアンドドロップして画像を開きます。

画像を開く

ぼかしを入れたい範囲を選択する

「ホーム」タブの「選択」の上にある四角の点線をクリックし、ぼかしたい範囲をドラッグして指定します。

ぼかしを入れたい範囲を選択

サイズ変更して小さくする

ぼかしを入れたい範囲を選択した状態で「ホーム」タブにある「サイズ変更」をクリックします。

選択した範囲をサイズ変更する

「サイズ変更と傾斜」ウィンドウが表示されるので、下記の内容を設定し「OK」ボタンをクリックします。

  • 「単位」を「パーセント」
  • 「水平方向」と「垂直方向」を「20」
  • 「縦横比を維持する」にチェックを入れる
縦横比を維持したまま縮小する

サイズ変更して大きくする

上記の設定後、選択していた範囲が小さくなっているので、先ほどと同じく「ホーム」タブから再度「サイズ変更」をクリックします。

小さくなった範囲を再度サイズ変更

「サイズ変更と傾斜」ウィンドウが表示されるので、下記の内容を設定し「OK」ボタンをクリックします。

  • 「単位」を「パーセント」
  • 「水平方向」と「垂直方向」を「500」
  • 「縦横比を維持する」にチェックを入れる
サイズ変更して画像を大きくする

すると、このように選択していた範囲がもとのサイズに戻り、モザイクが入った状態になります。

サイズ変更の結果

強いぼかしを入れる方法

上記の手順で入れたぼかしでは弱いという人は、こちらの方法で強いぼかしを入れましょう。

少し数値の指定にコツが要りますが、慣れれば簡単です。

さらに小さくサイズ変更する

上記の手順と同じように、ぼかしたい範囲を選択し「ホーム」タブから「サイズ変更」をクリックしましょう。

「サイズ変更と傾斜」ウィンドウで今回は先ほどよりも小さな値を設定します。

  • 「単位」を「パーセント」
  • 「水平方向」と「垂直方向」を「10」
  • 「縦横比を維持する」にチェックを入れる
MEMO
ここで指定する「水平方向」と「垂直方向」が小さいほど、ぼかしが強くなります。
さらに強くぼかすためにさらに小さくする

もとのサイズに戻す

同様に元のサイズに戻していくのですが、サイズの指定が「500」までしか入力することができませんので、一旦「500」で大きくします。

MEMO

500以上の数値ではこのようにエラーが表示されます。

サイズの入力は500まで

  • 「単位」を「パーセント」
  • 「水平方向」と「垂直方向」を「500」
  • 「縦横比を維持する」にチェックを入れる
一旦500で大きくする

1/10にしたものを5倍にしているので、現在は1/2の大きさとなっています。

なので、再度「サイズ変更」から、元のサイズになるように「水平方向」と「垂直方向」に「200」を指定して「OK」ボタンをクリックします。

  • 「単位」を「パーセント」
  • 「水平方向」と「垂直方向」を「200」
  • 「縦横比を維持する」にチェックを入れる
元の大きなになるようにサイズを指定する

すると先ほどよりも強いぼかしが入った状態ができあがります。

強いぼかしが入っている
サイズの指定について
ぼかしの強さは画像を小さくすればするほど、拡大すればするほど強くなりますので、適切な数値に変更してください。

小さくした後は、元のサイズになるように、計算して数値を指定してくださいね。

繰り替えすのが面倒な場合

画像の右下をドラッグして、元のサイズになるようにドラッグしましょう。ただし、正確にサイズをあわせないと画像にずれが発生するので注意してください。

手動でもとのサイズに戻す

まとめ

Windows標準のペイントを使ってぼかしを入れる方法を紹介しました。

画像編集ソフトがないとぼかしは入れられないと思われがちですが、Windowsの標準機能であるペイントだけで簡単にぼかしを入れることができました。

意外と簡単だから活用してみてね!

この記事も読んでおこう!!

ペイントで画像を合成するペイントで画像を合成する(重ねる)方法

コメントを残す