コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【解決】ピボットテーブルでエラー表示しない(空白/0)方法

ピボットテーブルでエラーを表示しない方法

ピボットテーブルでエラーが表示された場合の対処方法を紹介します。

ピボットテーブルでは、0で割り算を行った場合に表示される「#DIV/0!」などが比較的起こりうるエラーだと思います。

根本的にエラーを解決するのも大事ですが、ピボットテーブルのオプションからエラー時の表示を設定できるので覚えておきましょう。

エラーが表示されていると一気に分かりにくくなるからね。

ピボットテーブルのエラー

ピボットテーブルのエラー

ピボットテーブルでエラーを表示しない

ピボットテーブルでエラーを表示しない方法としては、ピボットテーブルでエラー時の表示を設定するか、数式にIFERROR関数を組み込むかのどちらかです。

ピボットテーブルで表示されることの多い代表的なエラーとしては、下記のようなものがありますね。

  • #DIV/0!:0で割り算を行った
  • #N/A:該当なし
  • #REF!:参照先が見つからない

エラーを隠す(ピボットテーブルオプション)

ピボットテーブルでは、オプションでエラー時の表示を任意に設定することができ、空白や0に置き換えることができます。

回避できないエラーがある場合は、こちらの方法で対処しましょう。

まずは、ピボットテーブル上で右クリックし「ピボットテーブルのオプション」をクリックします。

ピボットテーブルのオプション

「レイアウトと書式」タブの「エラー値に表示する値」で結果がエラーとなった場合に表示する内容を指定できます。

エラー値に表示する値を設定

エラー時に表示したい内容を入力して「OK」ボタンをクリックしましょう。(何も表示したくない場合は空白)

すると、エラーが表示されていたセルの表示が指定した値へと変換されます。

エラーの表示が置き換わる

エラーなのか、集計結果なのか分からなくならないように注意してね!

エラーを隠す(IFERROR関数)

エクセル関数のIFERROR関数を使えば、セルのエラーを変換することができます。

データソースの数式にIFERROR関数を挿入し、エラーだった場合の表示を指定しておきましょう。

詳しくはIFERROR関数の使い方を参考にしてください。

IFERROR関数の使い方IFERROR関数の使い方|セルのエラーを隠す/変換する

エラーの原因を解消する

ピボットテーブルがどうか以前に、エラーを原因から取り除くのが第一です。

エラーの意味を理解して、そもそもエラーが表示されないようにデータを組み立てておきましょう。

エクセルのセルのエラー一覧【エクセル】エラーの意味と対処一覧|「#N/A」「#DIV/0!」「#REF!」など

そもそも何でエラーが表示されているの…?ってことだよね。

まとめ

エクセルのピボットテーブルでエラーが表示された場合の対処方法として、ピボットテーブルでエラーを表示しない方法を紹介しました。

根本的にエラーを回避することは重要ですが、ピボットテーブルでエラーの表示を置き換えられることを覚えておきましょう。

意外と使う場面多いかもね…。

コメントを残す