コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【解決】ピボットテーブルで空白を集計しない(ラベルを表示しない)方法

ピボットテーブルの空白のラベルを非表示にする

参照元のデータ範囲が変動するため、集計範囲を列で指定(A列~C列など)し、空白行を含んだ状態でピボットテーブルを作成すると(下図)、

列で指定した場合

作成したピボットテーブルの行ラベルや列ラベルに「(空白)」というラベルが表示されることがあります。

基本的に空白ラベルは表示しておく意味がない上、邪魔に感じると思うので表示されない方がいいですねよ?

本記事では、空白ラベルを表示させないようにするための対処方法を紹介します。

空白を含まない元データが1番いいんだけどね…。

空白を非表示に

ピボットテーブルの空白を非表示に

そもそもの空白行自体を削除する方法は、こちらの記事を参考にしてください。

エクセルで空白行を一括で削除する方法エクセルで空白行やセルを一括でまとめて削除する方法

ピボットテーブルの空白ラベルを表示しない方法

ピボットテーブルで「(空白)ラベル」を表示しないようにするには、表示ラベルのリストから空白を外すか、参照元をテーブルとして指定して空白行を含ませないかのどちらかになります。

基本的には表示ラベルのリストから外すだけで十分だと思うよ。

表示ラベルのリストから空白を外す

空白行を含んだ範囲で作成したピボットテーブルの、ラベルの「▼」をクリックします。

プルダウンを表示する

ラベル選択で「(空白)」のチェックを外して「OK」ボタンをクリックしましょう。

空白ラベルのチェックを外す

すると、空白のラベルを非表示にすることができ、必要なラベルだけが表示されます。

空白ラベルが非表示になる

行ラベル・列ラベルそれぞれで設定できるよ!

参照元のデータをテーブルとして定義する

そもそも、データを範囲で指定するのではなく、データをテーブルと定義し、そのテーブルを参照してピボットテーブルを作成することで空白行を含まないようにします。

まずは参照元のデータを選択し、「挿入」タブの「テーブル」をクリックしましょう。

データをテーブルとして設定する

テーブルの参照範囲が正しく設定されていれば「OK」ボタンをクリックします。

テーブルの範囲を設定する

テーブルのいずれかを選択している状態で「デザイン」タブの「ピボットテーブルで集計」をクリックしましょう。(「挿入」タブの「ピボットテーブル」でも可)

テーブルからピボットテーブルを作成する

「ピボットテーブルの作成」画面で「テーブル/範囲」に設定したテーブルが指定されていることを確認し「OK」ボタンをクリックします。

MEMO
テーブル名は「デザイン」タブの左端に表示されています。
ピボットテーブルの作成画面

その後は、同様の手順でピボットテーブルを設定すると、空白行を含まないので空白ラベルが表示されることもありません。

空白ラベルがない

空白行を含んでいないんだから当たり前だよね。

※ 設定したテーブルの範囲は、連続するセルに値を入力すると、自動的にテーブルの範囲が拡張され、ピボットの集計対象となります。

自動でテーブルが拡張される

非表示にするだけよりも少し手間がかかっちゃうけどね。

まとめ

ピボットテーブルでラベルの「(空白)」を非表示にする方法を紹介しました。

わざわざ元データを変更するのは面倒ではあるので、基本的にはプルダウンメニューから空白のチェックを外すのがおすすめです。

力を入れるところではないかな。

ただ、空白行を含むデータ自体が褒められるものではないので、工夫して回避するのが1番です。

コメントを残す