コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【Windows】フォルダーのロックのかけ方|パスワードとアクセス権限

フォルダーにロックをかける方法

Windows7やWindows 10など、Windows のパソコンのフォルダーにロックをかける方法を紹介します。

ただ、Windowsにはフォルダーそのものをロックする標準機能がないので、本記事では下記のような方法でロックする手順を紹介します。

\ ローカルフォルダー(パソコン端末にある) /

  • フォルダーをZIPファイルに変換してロックをかける方法(パスワード)
  • アクセス権限を設定してロックをかける方法
  • フォルダーを隠す方法

どんなロックをかけたいのかよって方法が変わるよ。

ZIPファイルに変換してフォルダーにロックをかける方法

Windowsでローカルのフォルダーにロックをかけるには「ZIPファイルにして、アカウントのアクセス制限を設定する(パスワードなし)」か「フリーソフトでパスワード付のZIPファイルに変換する」かのどちらかです。

フォルダー(ZIP)にアカウントのアクセス制限をかける

パスワードをつけるのではなく、アカウント事にフォルダー(ZIP)へのアクセス制限をかけてロックの役割を果たす方法です。

アカウントのログイン時にパスワードを設定している場合は、使っているアカウント自体にログインされなければ開くことができなくなるので、間接的にパスワード付のロックとなりますね。

アカウントを分けてないなら意味ないけど…。

ロックしたいフォルダーを右クリックの「送る」から「圧縮(zip形式)フォルダー」を選択して、ZIPファイルに変換します。

ロックしたいフォルダをZipファイルに変換

作成したZIPファイルを右クリックし「プロパティ」を表示します。

Zipファイルのプロパティを表示する

「全般」タブにある「詳細設定」をクリックしましょう。

Zipファイルの詳細設定

「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックをいれて「OK」ボタンをクリックします。

内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する

暗号化する対象について聞かれるので、「ファイルだけを暗号化」を選択しましょう。(このZIPファイルだけにロックをかけたい場合)

暗号化する対象

すると、ZIPファイルが暗号化され、鍵のマークがつくようになります。

Zipファイルの暗号化マーク

設定したファイルを別のアカウントで開こうとすると、「フォルダーを開くことができません。…」と表示されて開けなくなります。

別アカウントで開いた場合

これでフォルダー(ZIP)をロックすることができたね。

アクセスできる人を追加したい場合は、「詳細設定」の暗号化の「詳細」をクリックします。

暗号化の詳細設定

「ロックフォルダーへのユーザーアクセス」で「追加」をクリックしましょう。

アクセス権限の追加

「その他」をクリックし、追加できるユーザー一覧からアクセスを許可するユーザーを選択して「OK」ボタンをクリックすればOKです。

アクセス可能なユーザーを追加する

権限を削除する場合は、「ロックフォルダーへのユーザーアクセス」で削除するユーザーを選択して「削除」をクリックすれば削除できます。

フリーソフトでフォルダーにパスワード付きのロックをかける方法

Windowsは標準機能を使ってフォルダーにパスワード付ロックをかけることができません。

しかし、フリーソフトを使うことで簡単にパスワード付きのZIPファイルに変換することができます

Lhaplus」や「7-Zip」などが有名です。

インストールすれば、下図のようにパスワード付のZIPファイルを作成できます。

解凍時にパスワードが必要

「Lhaplus」のダウンロードと使い方は別記事を参照してください。

無料のの圧縮・解凍ソフトのLhaplus【Lhaplus】無料の解凍/圧縮フリーソフトのダウンロード・使い方【おすすめ】

アクセス権限でロックをかける方法

ZIPファイルに変換せず、フォルダーにアクセス権限を設定すればロックの役割を付け加えることが可能です。

フォルダーにアクセス制限を設定する

アクセス制限を設定するフォルダーで右クリックし「プロパティ」をクリックします。

フォルダーを右クリックしてプロパティ

「セキュリティ」タブの「詳細設定」をクリックしましょう。

セキュリティタブの詳細設定

「セキュリティの詳細設定」が表示されるので、「継承の無効化」をクリックします。(すでに無効化されている場合は不要)

継承を無効化する

「現在継承されているアクセス許可で実行する処理」で「継承されたアクセス許可をこのオブジェクトの明示的なアクセス許可に変換します。」を選択します。

現在の継承の設定

アクセスを許可する権限(Administratorsなど)以外のアクセスさせない権限(Users)などを選択し「削除」をクリックしましょう。

とりあえず管理者(Administrators)だけは残していれば大丈夫。
不要なユーザーを削除する

続いて、「追加」をクリックして、アクセスを許可するユーザーを追加していきます。

アクセス権限を追加する

許可エントリ画面が表示されるので「プリンシパル」をクリックしましょう。

プリンシパルをクリック

「選択するオブジェクト名を入力してください」の欄にユーザーアカウント名を正しく入力して「名前の確認」をクリックします。

ユーザーの設定

下図のようなエラーが表示されず、名前が確定されればOKです。

名前の入力エラー

許可するユーザーを追加できたら「OK」ボタンをクリックしましょう。

プリンシパルの選択を終わる

「権限のアクセス許可」で許可する内容にチェックをいれて「OK」ボタンをクリックします。(基本的にはフルコントロールでOK)

追加するユーザーにフルコントルール

アクセスを許可するユーザーの追加が終われば「OK」ボタンをクリックして内容を確定しましょう。(全ウィンドウをOKボタン)

アクセス許可するユーザーを追加できたらOK

すると、権限のないアカウントがフォルダーにアクセスしても「このフォルダーにアクセスする権限がありません。」と表示され、権限のあるアカウントへのログインを要求されるようになります。

権限外のユーザーのアクセスした例

ちょっと長かったけど、アクセス権限の設定ができたね。

NASの設定でアクセス制限をかける

NAS(社内のファイルサーバーなど)の共有フォルダーの場合は、NASの設定でフォルダーにアクセス制限を設けることができます。

NASの管理画面にアクセスし、ユーザーごとのアクセス権限を設定すればOKです。

社内サーバーとかだと管理している人にお願いする必要があるから、ちょっとハードる高いかな?

NASの種類によって方法が変わりますが、BUFFALOのよくある質問でも手順が紹介されています。

参考 サブフォルダーにアクセス制限を設定する方法BUFFALO

フォルダーを隠してアクセスさせない方法

Windowsには「隠しフォルダー」という標準機能があります。

この機能を使って、フォルダー自体を見つからないように設定してアクセスさせない方法です。

ただし、隠したファイルは設定次第で簡単に見つけることができるので、あまり効果がないかもしれません。

パッと見で分からないようになればOkという程度ならこれでいけるよ!

フォルダーのプロパティを右クリックから表示し、「隠しファイル」にチェックをいれて「OK」ボタンをクリックします。

プロパティで隠しファイルにチェック

「変更をこのフォルダー、サブフォルダーおよびファイルに適用する」を選択して「OK」ボタンをクリックしましょう。

変更をこのフォルダー、サブフォルダーおよびファイルに適用する

すると、フォルダーが隠しファイルとなって、一覧から非表示になります。

ただし、エクスプローラーの「表示」タブにある「隠しファイル」にチェックが入っていると、半透明なアイコンで表示されてしまいますので、注意してください。

隠しファイルが表示になっている
透明なファイルを非表示にする方法透明なファイルを非表示にする方法|おばけのファイルを隠す

まとめ

Windowsのパソコンでフォルダーにロックをかける方方法を紹介しました。

アクセス権限などの設定は、ユーザーアカウントの管理が必要でもあるので、初心者には少し難しく感じるかもしれませんが、

上記で説明した手順を、場面に応じて使い分けてもらえればと思います。

フリーソフトをインストールしちゃうのが1番簡単かも…。

コメントを残す