コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

拡張子の「.heic」とは?PCで開く/変換する方法まとめ

拡張子の「.heic」とは?

iPhoneやiPadで撮影した写真をパソコンで開こうとしたら拡張子が「.heic」となっていて開けないという方向けに記事をまとめておきました。

各パターンに分けて対処方法を記載してますので、適当な方法を選択してください。

サムネイルも表示されないので、せっかく撮影した画像が壊れた!と思った人もいると思います。

拡張子「.heic」とは?

拡張子が「.heic」の画像

そもそも「.heic」とはiOS11から実装された、より高効率な「HEIF(ヒーフ)」という形式で保存された画像に使われる拡張子です。

HEIFって何の略?
「High Efficiency Image File Format」の略で、日本語に訳すと「高効率画像ファイル形式」です。

「.heic」のメリット

「.heic」のメリットを一言でいうと、画像容量が少なくて高画質ということです。

その名の通り、どれくらい高効率かと言うと、一般的な拡張子である「.JPG」の約半分(40~50%)のファイル容量で、高画質な画像を保存することができます。

これまでと同じ要領で約2倍の写真が撮れるとは凄いですよね。

「.heic」のデメリット

最近になって使用され始めたファイル形式のため、認知度も低く、まだまだ開くことができないパソコンやスマートフォンが多いということです。

ただ、このデメリットも時が経つにつれて解決されていくと思いますでの、将来的には一般的な拡張子として普及しているかもしれません。

どのApple製品が使えるのかなど、Apple社に記載してあります。

参考 Apple 製のデバイスで HEIF/HEVC メディアを扱うApple社

iPhoneやiPadから画像を取り込むには

iPhoneやiPadに写真データがまだある場合や、写真を取り直せる環境にいる方は、こちらの方法でパソコンで開ける形で取り込むことができます。

USBケーブルを使用して写真を取り込む

iPhoneやiPadを付属のUSBケーブルでパソコンに接続し、フォルダーから写真を取り込みましょう。

USBケーブルを使用してパソコンに接続すると、下記のようなポップアップが表示されるのでクリックします。

このようなウィンドウが表示されるので、「デバイスを開いてファイルを表示する」をクリックしましょう。

デバイスを開いてファイルを表示する

すると、Windowsのフォルダーが表示されるので、「Internal Storage > DCIM > 100APPLE」とフォルダーをたどると保存されている画像が表示されます。(端末によってパスが違う場合があります。)

iPhoneやiPadの画像があるフォルダー

このようにフォルダーとして表示した場合、「.heic」が使われることなく、「.JPG」としてパソコンでも開くことができる状態で表示されるので、そのまま任意の場所にコピーすればOKです。

MEMO
上記の手順でなくとも、フォルダーから直接開くこともできます。

フォルダーからApple製品のフォルダーを開く

「.JPG」として表示されない場合

上記のように表示しても「.JPG」として表示されない場合は、iPhoneやiPadの設定を確認しましょう。

iPhoneやiPadの「設定」の「写真」にある「MACまたはPCに転送」を「自動」に設定すると、パソコンが開くことができる拡張子で表示してくれます。

写真のフォーマットを自動に設定

iPhoneやiPadで「.heic」を使用しない設定

今後、iPhoneやiPadで拡張子「.heic」を使用しないように設定することもできます。

iPhoneやiPadの「設定」の「カメラ」にある「フォーマット」をタップします。

カメラの設定のフォーマットを選択

フォーマット」の設定を「互換優先」にすると、「.heic」ではなく「.JPG」で保存されるように変更されます。

互換優先を選択

「.JPG」などの一般的な拡張子に変換する

既にiPhoneやiPadからパソコンに画像を取り込んでいてそのデータしかないという場合に「.heic」の画像をパソコンで使用するために変換する方法を紹介します。

WEBサービスを使用する

最も簡単なのは、無料のWEBサービスで「.heic」の画像を「.JPG」に変換してくれるものがありますので、サービスを利用して変換しましょう。

参考 HEIC変換フリーソフトapowersoft.jp

WEBサービスを使用する

Windows10の場合は、Microsoft社からHEIFの画像を開くことができるように拡張機能が提供されています。

下記のページからアクセスし、「入手」をクリックして進めましょう。

参考 HEIF 画像拡張機能Microsoft社

最後に

拡張子に「.heic」と表示された画像の開き方や変換方法を紹介してました。

今後、一般的になるかもしれませんので、このような変換作業などが必要なのは今だけかもしれませんね。

コメントを残す