コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【小技】誤った変換を簡単に再変換する方法

誤った変換を簡単に再変換する方法

文書を作成している時に、日本語は正しく入力していても、誤った変換で確定してしまい、もう一度打ち直しした経験ってありますよね。

誤った変換を削除して、改めて打ち直して変換するってかなり面倒だと思いませんか?いいや、思っているはずです。

今回は、その誤った変換をショートカットキーを使用して、すぐさま再変換する方法を紹介します。

あーーーもう…。また打たなきゃ…。というのがなくなります!

誤った変換を簡単に再変換する方法

誤った変換になるのは、得てして長い単語を入力している時に多いので、再度打ち直すのも一苦労の場合が多いですよね。

下記の方法で、サクッと再変換してしまいましょう!

誤った変換の後にショートカットキーを入力する

再変換するには、Ctrl+BackSpaceを入力します。

「あやまる」と入力し、「謝る」と変換したいのに「謝る」と変換してしまった場合を例にしてみましょう。

まずは通常通り、日本語を入力し変換していきます。

変換前の日本語を入力

はい、「謝る」のことろを「誤る」に間違えて変換してしまいました。

誤った変換

ここで、誤った変換を削除して打ち直すのではなく、Ctrl+BackSpaceを入力しましょう。

すると・・・

再度変換状態になる

先ほど変換を確定した文字が再変換状態になるので、正しい変換を選択して確定しましょう。

再変換で正しい変換で確定する

これで、誤った変換を簡単に再変換することができました。

ショートカットキーさえ覚えていれば、何も難しいことはないですね。

誤った変換を防ぐために

そもそも誤った変換をできるだけ防ぐために、漢字以外の場合は、下記のキーを入力して固定変換するようにしましょう。

誤りを防ぐだけでなく、入力スピードもアップしますよ!

変換キー一覧

ファンクションキーを使用して、簡単に固定変換することができます。

キー 変換内容
F6 ひらがな
F7 全角カタカナ
F8 半角カタカナ
F9 全角英数字
F10 半角英数字

ファンクションキー(変換キー)を入力するタイミング

ファンクションキー(変換キー)は、変換を確定する前に入力しましょう。

特に、数字の変換(全角で入力した数字を半角に)する場合は、F10がとても便利です。

F10で半角英数字に変換する

変換前のこの状態でF10を入力すると、半角英数字に変換されるので、そのまま確定しましょう。

F10で半角英数字に変換される

最後に

誤った変換を簡単に再変換する方法を紹介しました。

知っていればすぐに入力スピードがアップする使える知識ですね。

入力のスピードが結構変わるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です