コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【2020年】パワーポイントの購入方法(ダウンロード)の比較まとめ決定版

パワーポイントはどれを購入すればいいの?

無料の体験版(1か月)やダウンロードなど購入する方法はなん通りかありますが、やっぱりPowerPointは必要ですね!年賀状とかも作れるし。

本記事では、パワーポイントの購入で迷われている方向けに購入方法による金額とできることの違いをまとめておきましたので参考にしてください。

パワーポイントが含まれていないパッケージの場合、パワーポイントを使うには追加での購入(ダウンロード)が必要です。

このページからは、こちらのパワーポイント単体が最もよく購入されています。

Amazonで購入するのが、現在のところ最安値となっています。

パワーポイントの購入方法

まずはパワーポイントの購入方法について説明します。

パワーポイントを購入する場合、主な方法として

  • パワーポイントのみを購入する
  • パワーポイントを含んだパッケージを購入する
  • Microsoftのサブスクリプションサービスに登録する(個人用)
  • Microsoftのサブスクリプションサービスに登録する(法人用)

の4通りの方法から選んで購入することができます。

4つの購入方法の比較

4つの購入方法のライセンスと金額、使用できるアプリケーションの比較です。

項目PowerPoint 2019Office Home & Business 2019Microsoft 365 PersonalMicrosoft 365 Business Standard
ライセンス永続ライセンス永続ライセンスサブスクリプション(1年更新)サブスクリプション(1年更新)
値段14,643円34,443円12,984円 /年16,320円 /年
アプリPowerPointWord
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook
Access
publisher
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook
Access
publisher
サービスなしなしOnDrive
Skype
Exchange
OneDrive
SharePoint
Teams
台数2台2台5台5台
リンク購入場所購入場所購入場所購入場所

※金額はご覧の時点で変更されている場合があります。

※ Amazonや楽天など購入場所により金額が変わる場合がありますのでご注意ください。

「買い切り」か「年間契約」

上記表のライセンス部分の「永続ライセンス」は「買い切り」の意味合いで今後料金が発生することはありませんが、「サブスクリプション」の場合は1年ごとに費用が発生します。

ただし、サブスクリプション型はすべてのアプリケーションが常に最新バージョンで使用できるので、バージョンが古くなって買い換えが必要ということがありません。

(Office製品は現在、3年ごとに新らしいバージョンを発売しており、常に最新のバージョンを使いたい人は買い替えの必要がないという面で楽ちんです。)

また、「永続ライセンス」にはサポート期限がありPowerPoint 2019の場合は、メインでのサポート期限が2023年10月10日、延長サポート期限が2025年10月14日となっています。(サポートが切れても使用すること自体は可能です。)

公式製品のライフサイクル

メリット・デメリット

メリットデメリット
永続ライセンス・買い切りのため長期使用を考えると安価・買った時点のバージョンを使い続ける
・いずれサポートが切れる
サブスクリプション・常に最新版を使用できる
・Microsoft Officeすべてを使える
・月額費用が発生する

教育機関や学生は安く使える

教育機関の場合、Office 365 Educationを使用すれば、破格な値段でOffice 365を使用できます。

(ダウンロードページの「学生と教職員向けの Office」の項目からOffice 365 Educationのダウンロードに進めます。)

Office 365 Educationで一般的なOfficeソフト(エクセル、ワード、パワーポイントなど)を使用する場合には、「Office 365 A3」のプランが必要で、下記の値段となります。

  • 学生:270円/月額
  • 教員:350円/月額

※こちらは所属している教育機関が購入する必要があります。

対象とならない学生の場合は、Microsoft Office Home & Studentを購入すると、費用を抑えて購入することが可能です。

パワーポイントの購入金額の比較

では、パワーポイントを購入した場合の費用はどれくらい変わるかというと。

ライセンス次のバージョンまでサポート期限まで
PowerPoint 2019買い切り14,643円14,643円
Office Home & Business 2019買い切り34,443円34,443円
Microsoft 365 Personal年間契約38,952円77,904円
Microsoft 365 Business Standard年間契約48,960円97,920円

すべてのアプリケーションを使いたいのではなく、パワーポイントが使いたいという人は、PowerPoint 2019を購入するのが圧倒的に安く済みますので、間違って購入して余計な費用を使わないようにしましょう。

パワーポイントを無料で使う方法

Office Onlineなら無料で使用できる

購入(ダウンロード)ではなく、WEB上で使用するものであれば、Microsoft社が提供している、Office Onlineというものが存在します。

参考 OfficeOnlineMicrosoft

しかし、インターネットに繋がっている必要があったり、一部の機能制限あること、Microsoftアカウントが必要で、開くファイルはOneDrive上に保存する必要があるなど、常用するには面倒な点も多くあります。

仕事などで使うなら、手間がかかるのでおすすめできないかな…。

Microsoft 365 の1カ月体験版

よく無料ダウンロードと表記されているのはMicrosoft 365の体験版です。

体験版の場合は、1ヶ月間無料で使用することができますが、その後有料(Microsoft 365 のサブスクリプション)に切り替わります。

体験版を使用するのであればMicrosoft 365の「1 か月間無料で試す」からダウンロードしましょう。

\ まずは無料で /

1か月間無料で試すをClick

パワーポイントの代替品

無料でパワーポイントのように使用できるソフトを挙げておきます。

やはり使い勝手はパワーポイントの方が上とは思いますが、どうしても無料が良い場合はこちらのアプリケーションがおすすめです。

パワーポイントのみを購入するなら

パワーポイントを購入するならできるだけ最新のバージョンを購入しましょう。

古いバージョンのパワーポイントでは最新のファイルの内容が正しく表示できなくなる場合があります。

ただし、PowerPoint 2019 はWindows10以前は対応外のため、それ以前のバージョンを使用している場合は、PowerPoint 2016などの旧バージョンをダウンロードする必要があります。

自分の使っているパソコンのWindowsのバージョンを確認しておきましょう。

Windowsのバージョンを確認する方法【解決】Windowsパソコンのバージョンを確認する方法

ここからはそれぞれの場合のおすすめを紹介

Windows10のパソコンを使用している場合

Windows10を使用している場合は、最新のバージョンであるPowerPoint 2019を購入しましょう。

PowerPoint 2019はWindows10以上に対応しています。

Windows10より古いバージョンを使用している場合

Windows10より古いバージョンの場合は、PowerPoint 2016を購入しましょう。

PowerPoint 2016の延長サポート期限はPowerPoint 2019と同じく2025年10月14日です。

Windows7を使用している場合

ただし、Windows7のサポートが2020年に切れてしまいますので、Windows10にアップデートしてPowerPoint 2019を購入するか、新しくWindows10のパワーポイントがインストールされているパソコンを購入する方が良いでしょう。

おすすめのWindows10のパソコンは下記のページを参考にしてみてください。

初心者におすすめのパソコン【パソコン】初心者が自宅用に購入するのにおすすめ

パワーポイントを含んだパッケージを購入するなら

この記事を読んでいる人ですべてのアプリケーションを使いたいという人はほぼいないと思うので、パワーポイントを含んだパッケージを購入するなら、「永続ライセンス」の「Office Home & Business 2019」を購入するのがおすすめです。

一緒にExcelやWordもインストールしたいという人はこちらを購入するのが良いでしょう。

※ 一般の人はOffice 365 Soloまでの機能は必要としないはずです。

Microsoft Officeを購入しよう!【決定版】Microsoft Officeを購入(ダウンロード)する方法のまとめ

Windows10より古いバージョンの場合

Windows10より古いバージョンの場合は、「Office Home and Business 2016」を購入しましょう。

よくある質問

これまでに質問されたる内容をまとめておきます。

パワーポイントって何ができるの?

パワーポイントは基本的には、プレゼン資料です。

誰かに何かを伝える時に使用されることが多く、発表する時のツールも揃っています。

発表以外にも、年賀状の作成や画像の編集なども実は可能です。

ワードで年賀状を作る【2020年】ワードやパワーポイントで年賀状を作る一連の手順 エクセルやパワーポイントで画像の背景を消す・透明化エクセルやパワーポイントで画像の背景を消す・透明化する方法

職場の事務職でも必要?

発表する機会がない事務職のパソコンには必要ありませんが、研修で使用したり、営業の作った資料や社外の資料を確認する機会が多いのであれば必要となるかもしれません。

使うのって結構難しい?

パワーポイントは既に多くの人に使われており、直感的に操作もできることから、そこまで難しいアプリケーションではありません。

一度使ってみれば簡単に操作することができると思います。

分からないときは、ネットで調べれば一発で解決するよ!

スマホアプリのパワーポイントは無料

スマホアプリとしてのパワーポイントであれば無料でダウンロードして使うことができます。

Microsoft PowerPoint

Microsoft PowerPoint

Microsoft Corporation無料posted withアプリーチ

Microsoft社のページ

Microsoft社が発表したOffice 2019発売のページはこちらからです。

参考 2019 年 1 月 22 日(日本時間)より、家庭向け Microsoft Office 2019 の販売を開始します!Microsoft Windows Bolgs

インストールまでの手順

Microsoft社公式のインストール手順はこちらから確認できます。

参考 インストール手順Microsoft社

まとめ

パワーポイントの購入について説明しました。

プレゼン資料の作成のみならず、年賀状を作成できたりと、意外と活躍する場の一人アプリケーションです。

金額と内容について比較しましたが、納得できるものを購入しましょう。

まずは単体から初めても良いかもしれませんね。

コメントを残す