コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

パソコン(Windows)のショートカットキーまとめ(Ctrlキー編)

ショートカットキーまとめ

「Ctrl」キーを使ったショートカットキーは、コピーや貼り付けなど、

スキルアップには必要不可欠なものが多いのでこれを機に覚えておきましょう。

特によく使うであろうショートカットをこちらの色で表示しておきます。

この色のショートカットキーを使いこなすだけで作業スピードは断然UPすると思いますよ。

中でもコピーとペーストは結構有名なので知っている方も多いと思いますが

Ctrl + Z」と「Ctrl + Shift + Z」があまり知られていないですが、かなり便利です!

入力 ショートカット内容
Ctrl + A ウィンドウ内の文字やファイルなどを全て選択する。
Ctrl + C 選択している文字やファイルをコピーする。
Ctrl + Ⅾ ブラウザ上で入力すると、お気に入り登録機能を呼び出す。
Ctrl + E ブラウザ上で入力すると、Web検索機能を呼び出す。
Ctrl + F 文字やファイルを検索する機能を呼び出す。
Ctrl + H ブラウザ上で入力すると、履歴一覧を呼び出す。
Ctrl + I ブラウザ上で入力すると、お気に入り一覧を呼び出す。
Ctrl + J ブラウザ上で入力すると、ダウンロード一覧を呼び出す。
Ctrl + K ブラウザ上で入力すると、Web検索機能を呼び出す。
Ctrl + L アドレスの入力に移る。
Ctrl + M 文字入力時に入力すると、改行ができる。ブラウザ上で入力すると、リーディングリスト機能を呼び出す。
Ctrl + N 現在開いているウィンドウを新規にもう1つ開く。
Ctrl + O ファイルを開く機能を呼び出す。
Ctrl + P 印刷機能を呼び出す。
Ctrl + Q 書式設定のクリア。ブラウザ上で入力すると、クイックタブを呼び出す。
Ctrl + R 表示の更新・リロードを行う。(F5と同じ。)
Ctrl + S 上書き保存を行う。
Ctrl + T ブラウザ上で入力すると、新しいタブを作成する。
Ctrl + U ブラウザ上で入力すると、ソースを表示する。
Ctrl + V コピーや切り取ったものを貼り付ける。(ペースト)
Ctrl + W ウィンドウを閉じる。
Ctrl + X 切り取りを行う。
Ctrl + Z 行った作業の取り消し(アンドゥ)を行う。
Ctrl + F5 スーパーリロードを行う。(リロードの上位版)
Ctrl + Enter ファイルやフォルダを別のウィンドウで開く。
Ctrl + Tab 同一ウィンドウのタブを切り替える。
Ctrl + Alt + Delet セキュリティやタスクマネージャーを呼び出す。
Ctrl + Shift + Z やり直しを行う。(Ctrl + Z の逆)
Ctrl+Shift + Esc タスクマネージャーを呼び出す。
Ctrl を押したままファイルをドラッグ ドラッグしたファイルをコピーする。
Ctrl + Shift を押したままドラッグ ショートカットを作成する。
Ctrl + Insert 選択範囲の文書やファイルをコピーする。
Ctrl + Esc スタートメニューを開く。(ウィンドウズキーと同じ。)
Ctrl + ← 一続きの文字列の先頭に移動
Ctrl + → 一続きの文字列の末尾に移動
Ctrl + Shift + ← 一続きの文字列の先頭まで選択状態にする。
Ctrl + Shift + → 一続きの文字列の末尾まで選択状態にする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です