コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【Windows10】パソコン起動時に自動でアプリケーションを起動する|スタートアップに登録する方法

Windows10で自動でアプリケーションを起動する方法

Windows10のパソコンを起動する時に自動でアプリケーションを起動する方法を説明します。

パソコンを起動したらいつもすぐに使うアプリケーションを自動で起動するように設定しておくと、起動後の作業が減って楽ちんです。

いつも使うアプリケーションなので、「メール」や「スケジュール」関連のアプリケーションがおすすめです。

パソコン起動時に自動でアプリケーションを起動する方法

スタートアップ」にアプリケーションを登録することで、好きなアプリケーションを自動で起動することができます。

スタートアップとは

スタートアップ」とは、日本語に訳すと「立ち上げ」や「起動」という意味です。

その名の通り、パソコンを立ち上げるのと同時に起動するアプリケーションを登録するところです。

アプリケーションだけでなく、ファイルやモジュールも登録することができます。

スタートアップに登録する手順

まずは、「スタートアップ」のフォルダーを表示させます。

」+「R」で「ファイル名を指定して実行」画面を表示させます。

(画面左下の「」の上で右クリックし、コンテキストメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択しても表示可能です。)

Windows10のコンテキストメニューからファイル名を指定して実行を選択

ファイル名を指定して実行」画面で「shell:startup」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

ファイル名を指定して実行で「shell:startup」

スタートアップ」のフォルダーが表示されます。

このフォルダー内にアプリケーションのショートカットを保存することで、パソコンを起動時に自動でアプリケーションを起動することができます。

Windows10のスタートアップフォルダ

MEMO

名前を指定して実行からではなく、フォルダーパスを指定してもこのフォルダーを表示することが可能です。

C:\Users\自分のユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

このフルパスをエクスプローラーのアドレスバーに入力しましょう。

※ パス中の赤文字部分をご自身のユーザ名に書き換えて入力してくださいね。

Windows10のエクスプローラーのアドレスバー

次に、登録したいアプリケーションのショートカットをフォルダーに保存しましょう。

スタートアップにOutlookを登録

これで、「スタートアップ」への登録が完了です。

パソコンを再起動させてアプリケーションが自動で起動されるか確認してみましょう。

注意
このフォルダーに保存するのは、起動したいアプリケーションのショートカットです。アプリケーション自体を保存しても自動で実行することはできません。

登録したいアプリケーションのショートカットがない場合

登録したいアプリケーションが見つからない場合は、新しく作ってから上記の作業を行いましょう。

ショートカットの作り方

ウィンドウズメニューから登録したいアプリケーションを見つけ、アイコンの上で右クリックします。

その他」項目の「ファイルの場所を開く」を選択します。

Windows10メニューからファイルの場所を開く

ファイルの保存してある場所が表示されるので右クリックし、「送る」から「デスクトップ(ショートカット)」を選択しましょう。

デスクトップにショートカットを作成する

これで、デスクトップにショートを作成することができるので、このファイルを「スタートアップ」フォルダーに保存しましょう。

Outlookのデスクトップのショートカット

まとめ

スタートアップは使いこなせれば、パソコンを起動した後の毎回の作業を短縮することができます。

便利な機能なので活用してみてください。

ただし、あまりにも多いアプリケーションを登録してしまうと、起動自体に時間がかかってしまうので、必要なものだけを登録するようにしましょう。

コメントを残す