コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

Windows10で付箋(Sticky Notes)を起動する方法3つ

Sticky Notesを起動する方法3つ

「Windows7などで「付箋」を使っていたんだけど、windows10ではどうやって起動したらいいのか?」という質問が寄せられます。

Windows10では、「付箋」は「Sticky Notes」という名前でインストールされています。

これまでに使ったことがない人も、とても便利なアプリケーションなので起動方法を覚えておきましょう。

シンプルな作りなので、基本的な使い方はすぐに分かると思います。
Sticky Notes

こんなやつです。

2020年1月追記:WindowsUpdateがあり、Windows10でも「付箋」という名称で表示されるようになりました。

Windows10のStickyNotesが付箋に【Sticky Notes】Windows10でも「付箋」の名前で使用可能に!

「Sticky Notes」起動する方法

Sticky Notes」を起動する方法を3つ紹介します。

一度起動してタスクバーに固定してしまえば、今後この方法をとらなくても済みますので、本記事の「タスクバーに固定する」もあわせて読んでおいてください。

スタートメニューから起動する

スタートメニューを「S」のカテゴリーまでスクロールして「Sticky Notes」をクリックしましょう。

これだけで「Sticky Notes」を起動させられます。

最も簡単な方法ですね。

スタートメニューからStickyNotesを起動

検索して起動する

スタートメニューから探しだすのが面倒な場合には、Windowsの検索に「Sticky Notes」と入力し、検索結果から「Sticky Notes」をクリックしましょう。

検索の候補
「Sticky Notes」とすべて入力しなくても、ある程度入力した段階で検索結果が表示されます。
Sticky Notesを検索して起動

「Windows Ink ワークスペース」から起動する

Windows Ink ワークスペース」って知ってますか?

Windows 10 Anniversary Updateで追加された機能で、付箋やスケッチパッド、画面スケッチなどの機能をまとめたものです。 マウス操作でも使用できますが、タッチパネル搭載のパソコンなどで、ペンやタッチ操作で手書きのメモを書いたり、絵を描いたりする場合に便利です。

その機能の中に「付箋」機能があり、同じく「Sticky Notes」を起動することができます。

付箋と表示されている
Windows Ink ワークスペースの「付箋」は「Sticky Notes」のことを指します。

はじめに、「Windows Ink ワークスペース」をタスクバーに表示する設定を行います。

タスクバーの上で右クリックをすると下記の画面が表示されるので、「Windows Ink ワークスペース ボタンを表示」をクリックしてチェックを入れます。

「Windows Ink ワークスペース」をタスクバーに表示

画面右下の項目に「Windows Ink ワークスペース」が追加さるので、クリックします。

Windows Ink ワークスペースが表示される

表示された「Windows Ink ワークスペース」から「付箋」(Sticky Notesのこと)をクリックします。

Windows Ink ワークスペースの付箋

クリックすると、画面が真っ黒になり「付箋」のみが表示されますので、右上の「×」(閉じる)をクリックしするか「Esc」キーを押して元の画面に戻ります。

これで「Sticky Notes」を表示することができました。

タスクバーに固定する

次回以降、「Sticky Notes」を簡単に起動するためにタスクバーに固定させておくのがおすすめです。

付箋に入力した状態でシャットダウンした場合は、次回パソコンを起動した時に自動で「Sticky Notes」は表示されますが、まれに起動しないことがあり、その時はタスクバーから起動することができます。

タスクバーに固定する手順

上記の方法で「Sticky Notes」が起動された状態であれば、タスクバーに表示されているので、アイコンの上で右クリックします。

オプションが表示されるので、「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

Sticky Notesをタスクバーに固定

これで、「Sticky Notes」をタスクバーに固定することができます。

まとめ

以上が「Sticky Notes」を起動する方法3つでした。

メモやToDoリストに使えたりとかなり便利なので、ぜひ使ってください。

おすすめのアプリケーションの記事

おすすめのアプリケーションの記事はこちらからどうぞ。

SnippingToolで簡単に画面キャプチャ 画面キャプチャを簡単に取れる機能「Snipping Tool」を使おう!

コメントを残す