コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【Sticky Notes】Windows10でも「付箋」の名前で使用可能に!

Windows10のStickyNotesが付箋に

これまで、Windows7などからWindows10に移行された方には、「付箋」というアプリが「Sticky Notes」に変わってますよーと言ってきましたが、

どうやら、またどこかのWindowsUpdateのタイミングで「付箋」の表示名に変更になっているようです。

Windows7のサポートが終わるから???

特に意識せず、StickyNotesを使っていると、タスクバーのアイコンが消えてしまったり、パソコン起動時に立ち上がらなかったりしました。(付箋に更新された影響と思われます。)

なので、起動方法とデータが一見消えている場合の確認方法を、改めてまとめておきました。

付箋の起動方法まとめ

StickyNotesを起動しようとしたら「付箋を読み込んでいます…」と表示されて起動できない場合も、こちらの方法で起動してみましょう。

ウィンドウズメニューの「付箋」から

これまではStickyNotesという名称だったので、ウィンドウズメニューの「S」の欄に位置していましたが、付箋になってからは「漢字」の欄に位置しています。

付箋を起動する

クリックして付箋を起動させましょう。

検索機能から

また、検索機能から付箋を検索して実行することも可能です。

検索結果から起動する

ウィンドウズメニューの右側にある検索アイコンをクリックして「付箋」と入力し、検索結果に表示された付箋をクリックすれば起動できます。

ちなみに、Sticky Notesと入力しても付箋が検索結果に表示されるよ!

以前のデータが消えた!

StickyNotesと表示されている時に入力したデータが消えている!という場合は、

ウィンドウズメニューの付箋アイコンかタスクバーの付箋アイコンの上で右クリックし、「メモの一覧」をクリックします。

付箋のメモの一覧

メモのデータ一覧が表示されるので、以前のデータがないか確認しましょう。

メモ一覧のデータ

データのリセットとかをしてなかったら、この中にあるはずだよ。

付箋が起動できない場合

通常の手順で付箋が起動できない場合は、以下の方法を試してみてください。

また、「StickyNotes needs to be updated」と表示された場合もしばらく置いてから、アプリの再起動で直ったことがあります。

Sticky Notesのエラー

その前に完全シャットダウンを実行するのを忘れずに!

完全シャットダウンの3つの方法とメリット/デメリット【完全シャットダウン】3つの方法とメリット/デメリット【Windows10】

アプリを再起動する

付箋アプリを再起動すれば、直る場合があります。

設定メニューの「アプリと機能」から「StickyNotes」or「付箋」をクリックし、表示された「詳細オプション」をクリックします。

その中にある「終了」のボタンをクリックして、付箋アプリを終了しましょう。

その後、改めて起動してみてください。

アプリを再インストール

上記の手順で付箋が起動できない場合は、一度付箋をアンインストールしてから再インストールすれば起動できる可能性が高いです。

設定メニューの「アプリと機能」から「StickyNotes」or「付箋」をアンインストールしてから、改めてインストールを行いましょう。

参考 Sticky NotesのダウンロードMicrosoft

おわりに

もともと付箋と表示されていたものがStickyNotesとなり、また付箋という名前で表示されるようになりました。

なんで今更?という感じもしますが、Windows7のサポートが切れるタイミングで、Windows7と同じ名前の付箋に変更したのかもしれませんね。

あくまで予想ですが。

かなり頻繁に使う機能なので、今後のバージョンアップにも期待したいところです。

コメントを残す