コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

付箋(Sticky Notes)でメモが表示されない時の開き方|メモの一覧から再表示

表示されないメモを再表示する方法

Windowsの標準機能の付箋(Sticky Notes)で「すべてのメモを表示する」をクリックしても、あるはずのメモが表示されない場合の表示の仕方です。

実は、1度右上の「×」で閉じてしまったメモは、メモの一覧から再度開きなお直さなければ表示されません。

付箋がなくなった!と焦ってしまう人が多いので注意しましょう!

×で閉じた場合の話です
「削除」してしまった場合は開くことはできません。

焦って新しく作り直す必要はないかもしれないよ!

付箋で表示されないメモを表示する方法

タスクメニューなどの「すべてのメモを表示する」をクリックしても、×で閉じたメモは表示されません。

すべてのメモを表示する

閉じたメモを表示するには、「メモの一覧」から改めて表示する必要があります。

メモの一覧から再表示する

まずは、表示されているメモのオプションから「メモの一覧」を選ぶか、

メモの一覧を表示する

ウィンドウズメニューの「付箋」で右クリックし「メモの一覧」をクリックしましょう。

ウィンドウズメニューからメモの一覧

付箋としてメモの一覧が表示されるので、閉じているメモをダブルクリックして、開き直しましょう。

メモの一覧から表示する

これで、「すべてのメモを表示する」では表示されなかった閉じていたメモを再表示できました。

メモが改めて開かれる

この状態であれば、「すべてのメモを表示する」が有効となります。

表示されないのは「閉じた」という情報が保存されているからだね。

起動時に一部のメモしか表示されない場合

パソコンの起動時に付箋を自動で起動するには、スタートアップに登録すればOKです。

付箋(Sticky Notes)を起動時に表示する付箋を起動時に表示する方法(自動起動)【Windows10】

ただ、パソコンを立ち上げた時に表示したいたメモの一部しか表示されないという場合は、下記の手順で起動時に表示されるメモを設定しておきましょう。

まずは、タスクバーに表示されている付箋のアイコンを右クリックし「すべてのウィンドウを閉じる」をクリックします。

すべてのウィンドウを閉じる

メモがすべて閉じられたことを確認し、再度ウィンドウズメニューから「すべてのメモを表示する」を選択してメモを表示します。

改めてすべてのメモを表示する

この時に、必要なメモがきちんと表示されれば、パソコンを起動時でも必要な付箋が表示されるようになります。

一旦付箋を閉じて、開いていた状態を保存するのがポイント!

まとめ

付箋(Sticky Notes)であるはずのメモが表示されない場合の対象方法(メモの開き方)を紹介しました。

メモの一覧には、閉じたメモも表示されるので、ここから再表示するようにしましょう。

閉じたら表示されないから消えたと勘違いする人が多いね。

コメントを残す