コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

ワードで文末の空白に下線を引けない時の設定

ワードで文末の空白に下線を引けない

ワードを印刷した後に入力する箇所と分かるよう、空白(スペース)にアンダーラインを引くのはよく使う手段ですが、

設定次第では、文末の空白にアンダーラインを引けない場合があるようです。

その場合に確認する内容を紹介します。

空白にアンダーラインはよく使うもんね。
ワードで文末の空白の下線を表示した例

文末の空白に下線が引けない

文末の空白に下線が引けない時に起こる内容と、引けるようにする設定を紹介していきます。

文末の空白に下線が引けない時の現象

下図のように、文末以外のところでは、アンダーラインを設定することができますが、

ワードで文末以外は下線が引ける

空白以降の文字を消して空白が文末となった場合、空白のアンダーライン消えてしまいます。

空白が文末になると自動でアンダーラインが消える

アンダーラインが引けないって人は、1度空白のあとに何かしらの文字を入力してみて?

「行末のスぺースには下線を引く」にチェックを入れる

文末の空白にアンダーラインを表示するには、「ファイル」タブから「オプション」をクリックします。

ワードでオプションをクリック

「Word」のオプションで「詳細設定」の下部にある「行末のスペースには下線を引く」にチェックを入れましょう。

ワードで「行末のスペースには下線を引く」にチェックを入れる

すると、消えていた文末の空白のアンダーラインが表示されるようになります。

文末の空白に下線が表示される

これでOKだよね?

まとめ

ワードで文末の空白に下線が引けない(アンダーラインが引けない)場合の設定を紹介しました。

印刷後の名前の入力欄のためのアンダーラインなどで、空白にアンダーラインを設定する場合は結構あると思うので、チェックを入れておくのがいいかもしれません。

チェックを外すと、文末の要らないアンダーラインを非表示にすることはできるけどね。

コメントを残す