コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【解決】非表示の行や列を再表示できない場合の3項目

エクセルの行や列が非表示になっていて、再表示を実行しても再表示されない場合に確認する項目をまとめました。

フィルターがかかっているのを非表示と勘違いしたり、シートに保護がかかっているから再表示できない場合が多いです。

余談ですが、他の人が非表示にした列とかは、なんで非表示になっているか気になります。

再表示されない場合に確認する項目

非表示にされている行や列が再表示できない場合に確認する項目です。

フィルタ―がかかっている

非表示にされている行や列は非表示にされているのではなく、フィルターの絞りこみの結果として非表示にされている場合です。

フィルターの結果として非表示になっている行と非表示に設定されている行の表示は一見すると同じです。

フィルターの結果として非表示になっている場合は、「再表示」を実行しても再表示されません。

データ」タブの「フィルター」が選択されていないか確認しましょう。

フィルターの結果で非表示になっている

フィルター」が実行されているのであれば、「フィルター」をクリックして解除することで、フィルター結果として非表示にされていた行が表示されます。

MEMO
ヘッダーの行(1行目)が非表示にされているとフィルターがかけられていることに気づかないので、「データ」タブで確認してみましょう。

ヘッダー行が非表示にされている場合は、ややこしくなってしまうので、始めにヘッダー行を再表示するところから始める方が良いかもしれません。

シートの保護がかかっている

再表示の項目が薄くなっていて押せない場合はこちらの可能性が高いです。

再表示が押せない

シートそのものに保護がかかっているため、行や列を再表示することができません。

校閲」タブの「保護」項目の「シートの保護」が「シート保護の解除」となっていれば、シートに保護がかかっています。

シートの保護がかかっている

シート保護の解除」をクリックしてシートの保護を解除すれば、行や列の再表示が可能になります。(パスワードの入力が必要な場合もあります。)

再表示する行や列を選択できているか

再表示する場合は、再表示する範囲を選択していなければなりません。

例えば、下画像のようにB列とC列が非表示になっている場合は、A列からD列までを選択します。

再表示する範囲を選択する

その後、右クリックメニューから「再表示」を選択すると再表示されます。

右クリックから再表示

端っこの行や列の場合

端っこの行や列の場合は、再表示する範囲がきちんと選択されるように選択しましょう。

例えば、下画像のようにA列とB列が非表示の場合は、C列から行番号のあたりまでドラッグして選択しましょう。

再表示範囲を端まで選択する

端の選択ができない場合は、シートを全選択した状態で「再表示」を実行しても表示されます。(すべての非表示列が表示されてしまいます。)

非表示を一括で再表示する方法

複数の非表示の行や列があった場合は、すべてのセルを選択した状態で、再表示を押すと表示することができます。

再表示したい列が端っこの場合でも使えますが、不要な所まで再表示してしまうかも。

まずは、シート全体を選択するために、左上の「すべて選択」ボタンをクリックします。

すべてのセルを選択

次に、非表示となっている行か列の場所にマウスを合わせて右クリックし、表示されたメニューから「再表示」をクリックします。

MEMO
行の上で右クリックした場合は行が、列の上の場合は列が再表示されます。
非表示の場所で右クリック

これで、非表示となっている行や列を一括で再表示することができます。

必要な範囲のみを固定して表示する方法

行や列の表示・非表示で必要な範囲のみを固定して表示する方法を紹介しています。

必要な範囲のみを固定して表示する方法 エクセルのワークシートで必要な範囲のみ固定して表示する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です