コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

SUM関数でエラーを無視して合計する方法

SUM関数でエラーを無視して合計する

SUM関数は、合計範囲にエラーの値が含まれていると、数値の合計がエラーとして表示されてしまいます。

これでは、期待した結果は得られていませんよね。

そこで、SUM関数でエラーが出た場合に、合計範囲に含まれるエラーを無視して数値を合計する方法を紹介します。

おおもとの数値でエラーが出ないのが一番だけどね。

SUM関数のそもそもの使い方は、「SUM関数の使い方とエラーの解説|数値の合計」を確認しましょう。

SUM関数でエラーを無視して合計する方法

エラーを無視して数値を合計するには、配列数式を使用する方法とAGGREGATE関数を使用する方法がありますので、自分が感覚的に分かりやすい方を選んでください。

同じ答えを出すにも様々な方法があるので、取っ掛かりとしては、自分が分かりやすい方法で算出するのが良いですね。

今回は例として、A1~A3のセルの数値を合計したいけど、A3のセルがエラーにある場合を考えていきましょう。

SUM関数がエラーになる

普通にSUM関数を入力するとエラーになっちゃいますね。

配列数式を使用してエラーを無視する

配列数式を使用して、エラーがあった場合にセルの値を0として置き換えて合計する方法です。

配列数式とは
配列数式は、同じ行列数の場合に可能で、対応したセルの計算した結果に対して関数を適用することができます。「エクセルの「配列数式」とは|使い方と例」に詳しく解説しています。

このように、エラーを無視して合計することができます。

配列関数を使用してエラーを無視する

配列数式でIFERROR関数を使用して、エラーがあった場合は0に置き換えて計算していますね。

IFERROR関数については、「【解決】IFERRORとISERRORの違いは使用する目的」を読んでもらえば分かると思います。

配列数式の入力手順

配列数式は少し特殊な入力方法なので、入力手順を説明していきます。

まず、通常通り=SUM(IFERROR(A1:A3,0))と入力します。(A1:A3は実際に合計したい範囲に変えてください。)

その後、Ctrl+Shift+Enterと入力すると、{=SUM(IFERROR(A1:A3,0))}と数式の前後に「{}」が付けられます。

これが配列数式の証となります。

AGGREGATE関数を使用してエラーを無視する

SUM関数ではないですが、AGGREGATE関数を使用しても、このようにエラーを無視して合計することができます。

AGGREGATE関数でエラーを無視して合計する

AGGREGATE関数は、集計方法と集計オプションを指定することができ、集計方法に合計、集計オプションにエラーを無視を指定することで、SUM関数の代わりに数値の合計を求めることができます。

AGGREGATE関数の使い方の詳しい説明は「AGGREGATE関数の使い方と集計方法」を確認しましょう。

AGGREGATE関数の入力手順

エクセル関数の入力について

エクセル関数は関数の挿入ではなく、予測変換を使用して入力するのがおすすめです。詳しくは「関数の挿入を使わないで予測変換を使う理由3つ」をご覧ください。

AGGREGATE関数の入力手順を見ていきます。

集計方法やオプションは、エクセルが表示してくれるので、覚える必要はないよ

それぞれ、入力するタイミングで対応する番号が表示されるので、集計方法を「9 – SUM」を指定し、

タイプを指定する

オプションで「6 – エラー値を無視します」を選択しましょう。

オプションにエラーを無視を指定する

最後に、合計範囲を指定すると、エラーを無視した合計が可能です。

合計範囲を指定する

最後に

SUM関数でエラーが出た場合に、エラーを無視して合計する方法を解説しました。

配列数式という聞きなれない数式があったと思いますが、こんな方法もあるんだと覚えておきましょう。

まずは、配列数式があることさえ知っていれば十分だね。

コメントを残す