コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

エクエルのブック全体をPDFに変換する方法

エクセルには、「名前を付けて保存」か「エクスポート」からブック全体をPDF化して保存する機能がありますので解説していきます。

ただし、Office 2007以前のエクセルでは当該機能がありません。

資料として共有するならPDFの方が良い場合がありますよね。(PDFはエクセルが入っていないパソコンでも開けます。)

エクセルの機能ではなく、Windows10の標準機能でPDFとして保存するなら「Microsoft Print to PDFを使ってPDFとして保存する方法」を参考にしてください。

ブック全体をPDFとして保存する

エクセルの「名前を付けて保存」機能か「エクスポート」機能からPDFとして保存することができるので、その方法を紹介します。

どちらの方法でもほとんど差はないので、自分にあった方でPDF化してください。

「名前を付けて保存」でブック全体をPDF化

PDF化したいエクセルの「ファイル」タブから「名前を付けて保存」の「参照」を選択し、「名前を付けて保存」ダイアログを表示しましょう。

名前を付けて保存の参照

名前を付けて保存」ダイアログの「ファイルの種類」から「PDF」を選択します。

ファイルの種類をPDFに変更

このままでは、シート単体でのPDF化となるので、下部に表示された「オプション」をクリックします。

PDFのオプションを選択

表示されたオプション画面で「発行対象」を「ブック全体」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックしましょう。

ブック全体にチェックを入れる

最後に、適切なファイル名を設定し「保存」ボタンを押して、ブック全体をPDFとして保存しましょう。

「エクスポート」でブック全体をPDF化

「エクスポート」からブック全体をPDFとして保存する方法も、「名前を付けて保存」からとほぼ同じ手順でOKです。

保存ダイアログを呼び出すまでが違うだけです。

ファイル」タブの「エクスポート」から「PDF/XPSの作成」の作成をクリックします。

エクスポートのPDFを選択

PDFまたはXPS形式で発行」ダイアログが表示されるので、同様に「オプション」をクリックし、「ブック全体」にチェックを入れて、保存しましょう。

PDFまたはXPS形式で発行

クイックアクセスツールバーに登録しておく

PDFとして保存する機会が多い場合は、クイックアクセスツールバーに「PDF/XPSの作成」を登録しておくと、手順を効率化することができます。

クイックアクセスツールバーの「▼」をクリックし、メニューから「その他のコマンド」をクリックします。

その他のコマンドを選択

Excelのオプション」が表示されるので、「コマンドの選択」を「すべてのコマンド」を選択し、「PDFまたはXPS形式で発行」をクリックで選択します。

その後、中央にある「追加」ボタンを押して、クイックアクセスツールバーに追加し「OK」ボタンを押しましょう。

PDFまたはXPS形式で発行

クイックアクセスツールバーに「PDFまたはXPS形式で発行」が追加されているので、次回以降簡単にPDF化することができます。

クイックアクセスツールバーのPDFとして保存

最後に

エクエルのブック全体をPDFに変換する方法を紹介しました。

PDF保存時にオプション項目から「ブック全体」にチェックを入れれば簡単にブック全体をPDFとして保存することができましたね。

Windows10から標準機能となった「Microsoft Print to PDF」というとても便利な機能があるので、ぜひ読んでおきましょう。

「Microsoft Print to PDF」とは 「Microsoft Print to PDF」とは?とっても便利なPDF作成機能 PDFを分割する「Microsoft Print to PDF」 【Windows10】PDFを分割する方法|フリーソフトも使わないでできる 「Microsoft Print to PDF」をプリンターに追加 プリンターに「Microsoft Print to PDF」を追加する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です