コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

エクセルのチェックボックスの作り方と設定のまとめ

エクセルのチェックボックスの作り方と設定

エクセルでチェックリスト(レ点ボックス)を作成する場合に必要となるチェックボックスの作り方とその設定を紹介します。

チェックボックス自体は簡単に挿入できるのですが、まつわる操作や設定はなかなか奥が深いのでぜひ覚えておきましょう。

チェックリストとかって結構エクセルで作ったりするよね。

チェックボックスを挿入した例

エクセルのチェックボックスの例

印刷して使うチェックシートの場合は、チェックボックスではなく文字の「□(四角)」をセルに入力するだけでもOKです。

エクセルのチェックボックスの作り方

エクセルでチェックボックスを挿入する場合、「開発」タブが必要になりますので、表示されていない場合、まずはこちらの記事を読んで表示してください。

エクセルやワードで開発タブの出し方【解決】エクセルやワードの開発タブを表示する方法(出し方)

チェックボックスの作成・挿入

チェックボックスを作成するには、まず「開発」タブの「挿入」から「チェックボックス」を選択します。

チェックボックスを挿入する

その後にカーソルをシート状に移動させると十字カーソルに変わるので、チェックボックスのラベルを含んだ大きさになるようにドラッグしましょう。

チェックボックスをドラッグで挿入する

すると、チェックボックスが指定したサイズで作成されます。(チェックボックスそのもののサイズは一定)

チェックボックスが作成される

初期状態のチェックボックスのできあがりだね!

チェックボックスのラベルを変更・削除

チェックボックスのラベルを変更・削除するには、右クリックメニューから「テキストの編集」を選択します。

チェックボックスのラベルを「テキストの編集」で変更する

ラベルのテキストの編集状態になるので、任意の文字に変更しましょう。ラベルが不要な場合はテキストをすべて削除しましょう。

ラベルのテキストの編集状態

何のためのチェックボックスかはセルに直接入力する場合が多いかな?

チェックボックスの大きさ/サイズを変更する

ラベルを変更・削除した場合、チェックボックスのサイズとラベルのサイズが異なる場合があります。

感覚的にチェックボックスのサイズに合わせている方がその後の操作が楽になるので調節しておくのがおすすめです。(チェックボックスのクリック可能範囲がおかしい

まず、チェックボックスを選択します。(Ctrlを押しながらクリック)

チェックボックスを選択する
チェックボックスを選択する方法【解決】エクセルでチェックボックスを選択できない(移動・サイズ変更できない)

選択後は、通常のオブジェクトと同じように表示された丸のアイコンをドラッグすればサイズを変更することができます。

ドラッグでサイズを変更する

数値でサイズを変更したい場合は、「書式」タブの「サイズ」からでも変更が可能です。

チェックボックスのサイズ変更を数値で

チェックボックスをコピーする

チェックボックスをコピーするには、通常のCtrl+CCtrl+Vのコピペのショートカットキーで行うか、オートフィルを使ってコピーするのが一般的です。

オートフィルでチェックボックスをコピーする

セルの右下にあるフィルハンドルにカーソルを当ててクリックし、コピーしたい範囲までドラッグしましょう。

チェックボックスをオートフィルでコピーする方法

すると、ドラッグした範囲までチェックボックスがコピーされます。

チェックボックスがコピーされた

これだけでコピーできるので、チェック項目が大量にある場合には活用しましょう。

オートフィルって便利だよね!他にも色んなことができるよ!
オートフィルとは。使い方と設定についてエクセルのオートフィルとは?設定と使い方|連続データの入力

印刷して使うチェックボックスは□でOK

印刷した紙にペンでチェックを入れていくためのチェックボックスを作るのであれば、わざわざフォームでチェックボックスを作る必要はありません。

セルに□を入力し、中央揃えなどで整えればOKです。

印刷用のチェックボックス

フォームのチェックボックスはエクセル内で動作させるためのチェックボックスだからね!

チェックボックスのよくある設定

基本的なチェックボックスの作成は上記で説明しましたが、ここからはチェックボックスの設定でよくあるものを紹介したいと思います。

チェックボックスの値と連動させる(リンクさせる)

チェックボックスの値(チェックの状況)を他のセルを連動させる(リンクさせる)方法です。

チェックボックスを右クリックし「コントロールの書式設定」を選択しましょう。

コントロールの書式設定をクリック

「コントロール」タブの「リンクするセル」の右端にあるコマンドをクリックします。

チェックボックスのリンクするセル

シート上のリンクするセルを選択しEnterをクリックすればOKです。

チェックボックスのリンクするセルを設定する

「リンクするセル」に選択したセルが反映されていることを確認し「OK」ボタンをクリックします。

チェックボックスのリンクするセルの表示

設定後にチェックボックスの状態が変わればリンク先として設定したセルに状態が表示されます。

チェックボックスの状態がリンクしたセルに表示される

逆にリンク先として設定したセルに「TRUE」「FALSE」を入力することでチェックボックスのチェックの切り替えを行うことも可能です。

チェックボックスの状態でエクセル関数の処理を行う場合などにリンクしたセルが便利だよ。

リンクの解除は「リンクするセル」の値を消せばOKです。

チェックボックスをセル内に収める/あわせる

チェックボックスのサイズを、セルの枠線に合わせてサイズ変更したい場合は、こちらの記事で紹介している方法で可能です。

エクセルの図形をセルの枠線に合わせる方法【必見】エクセルの図形をセルに合わせる方法(サイズと移動)

チェックボックスを集計・カウントする

チェックボックスの状態をカウントする方法はこちらの記事にまとめてあります。

チェックボックスを集計・カウントする方法エクセルのチェックボックスを集計する/カウントする方法

チェックボックスの塗りつぶし

チェックボックスの背景を塗りつぶす場合は、チェックボックスを選択した状態で「書式」タブの「図形の塗りつぶし」から選択可能です。

チェックボックスの背景色を変更

ただし、背景色はチェックボックス自体の背景色であり、セルの背景色ではありません。

チェックボックスのラベルがない場合や短い場合は、表示範囲が小さいくなります。

チェックボックスの背景色が変わる

チェックボックスのあるセルの背景色を自動で変更する方法はこちらの記事を参考にしてください。

チェックボックスの背景色を自動で変更するエクセルのチェックボックスの背景色を自動で変更する方法

まとめ

エクセルのチェックボックスの作り方とよくある設定内容を紹介しました。

セルと連動させたりとチェックボックスは意外と奥が深い機能です。

ぜひチェックリストを作成する際には活用できるようにしておきましょう!

チェックボックスじゃなくてもいけるけど、チェックボックスの方が見やすいってことが結構あるよね。

コメントを残す