コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

エクセルのチェックボックスの背景色を自動で変更する方法

チェックボックスの背景色を自動で変更する

チェックボックスのチェックの入れ・外しに連動して、指定した範囲のセルの背景色を自動で変える方法を紹介します。

チェックボックスの「リンクするセル」の機能と条件付き書式を活用して実現します。

作業が完了したか一目で分かるようにできるよ!

自動で背景色を設定する

チェックボックスの状態に合わせて背景色を設定する

チェックボックスの背景色を状態に合わせて自動で変更する方法

デフォルトの機能ではできないので、チェックボックスの機能と条件付き書式を組み合わせて実現します。

「リンクするセル」を設定する

まずはチェックボックスを右クリックして「コントロールの書式設定」を選択します。

チェックボックスの書式設定

「コントロール」タブの「リンクするセル」の右端のボタンをクリックします。

チェックボックスのリンクするセル

リンクするセルとしてチェックボックスと同じ行のセルを選択しましょう。

チェックボックスのリンクするセルを設定する

選択後に「OK」ボタンでウィンドウを閉じ、チェックボックスの状態を切り替えると、選択したセルにチェックボックスの状態が表示されるようになります。

チェックボックスの状態がリンクしたセルに表示される

この設定をチェックボックスすべてに適用しましょう。

チェックボックスのリンクするセルの設定後

コピペではリンクするセルが自動で変更されないから注意してね。

条件付き書式で背景色を変更する

リンクするセルの設定が終われば、色を変更する範囲を選択し「条件付き書式」の「新しいルール」を選択します。

条件付き書式の新しいルール

「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択し、数式に「リンクするセルがTRUEの場合」となるように指定しましょう。(例は下記の通り)

  • =$D3=TRUE
数式を使用して、書式設定するセルを決定

絶対参照はチェックボックスが縦並びの場合は英字の前に$、横並びの場合は数字の前に$を付けてね。
背景色を選択する

設定が終って「OK」ボタンをクリックすると、チェックボックスにチェックのはいっている行だけ背景色が変更されます。

チェックがはいっている行だけ背景色を変更

チェックボックスのリンクするセルのある列は非表示にしてもOKです。不要な場合は隠しておきましょう。

チェックボックスの状態の列は非表示でもOK

TRUEとかFALSEは表示しなくてもいい方が多いのでは?

まとめ

エクセルのチェックボックスの背景色を状態に応じて自動で変更する方法を紹介しました。

チェックボックスそのものではなく、条件付き書式を活用してセルの背景色を変更するのがもっとも現実的な方法となります。

リンクするセルの設定さえできれば簡単だと思うので、視覚的な分かりやすさが大事な場合は手間をかけても設定する価値はあると思います。

ToDoリストの進捗確認なんかに活用してね!

コメントを残す