コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【解決】エクセルの別シートの内容を参照(反映)する方法

エクセルの別シートに入力している内容を参照(反映)させる方法を紹介します。

同じ内容のものを複数個所に入力していると、修正があった場合など、同じ作業を繰り返さないといけないので面倒ですよね。

データ元が1つにまとまるので修正漏れなどが起こる可能性も減らすことができますね。

別シートの内容を反映(参照)するには

エクセルの別シートの内容を参照(反映)するには「リンクを貼り付ける」のが最も簡単です。

INDIRECT関数で行ってもいいのですが、基本的に関数は使いたくないですよね。

初心者の方は、とりあえず今回紹介する方法を覚えておけばOKです。

別シートのリンクを貼り付ける

下画像のように、別シートに参照させたいデータがあるとします。

まずは、参照させたいデータの範囲を選択し、「Ctrl」+「C」でコピーします。

別シートに反映させたい内容をコピーする

次に、別シートのコピーした内容を参照させたい場所を選択し、右クリックメニューの「貼り付けのオプション」にある「リンク貼り付け」をクリックしましょう。

リンクを貼り付ける

すると、コピーした範囲のデータのリンクが作成され、同じ内容が表示されます。

リンクを貼り付けた結果

これで、簡単に別シートの内容を参照(反映)することができました。

MEMO
リンク貼り付け」は、別シートかどうかは関係なく使うことができます。

リンクの中身について

リンク貼り付けとありましたが、実際にセルに貼り付けられた内容を見てみると、「=元シート!セルの位置」と表示されています。

リンクと聞くと大層に聞こえますが、「ここのセルの値はあそこのセルの値」ということを表しているだけですね。

リンクの詳細について

すべてのセルに参照先を手入力しても同じ結果が得られます。「リンク貼り付け」は、この面倒な作業を省略してくれる機能なのです。

書式を貼り付ける

リンクを貼り付けただけでは、参照元のセルの値のみが反映されます。

書式も同じにしたい場合は、リンクを貼り付けた直後の状態(貼り付けた範囲全体を選択した状態)で右クリックし、「貼り付けのオプション」の「書式設定」をクリックしましょう。

書式を貼り付ける

コピー元の書式(フォントや色)が貼り付けられます。

書式貼り付け結果

MEMO
貼り付けられた書式は、反映元を変更しても変わりません。

動作確認

念のため、反映元を更新すると自動で更新されるか確認しておきます。

Sheet1のC3の内容を80から50に変更します。

反映元を80から50に変更

すると、リンクを貼り付けたSheet2のC3を参照しているセルの内容も自動で更新されています。

自動で更新されている

最後に

エクセルの別シートの内容を参照(反映)する方法を紹介しました。

何度も同じ内容を手入力するのはミスが起こる可能性がある上、とても面倒です。

コピーして貼り付けるだけで簡単に参照させることができるので活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です