コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

【解決】パワーポイントのスライドを縦にする方法

パワーポイントのスライドを縦向きに変更

PowerPointのスライドはデフォルトのままだと横長の形をしていますが、縦長(縦向き)にすることも可能です。

横向きと縦向きのスライドを混在させる方法や、はたまた縦横比を変更するや縦向きに印刷する方法などを紹介していきます。

以外と縦にする機会があったりするんだよね。

パワーポイントで簡単なチラシや年賀状を作るときなんかも縦向きにしたりしますね。

ワードで年賀状を作る【2020年】ワードやパワーポイントで年賀状を作る一連の手順

パワーポイントを縦向きにする方法

パワーポイントのスライドを縦向きにするには、「スライドのサイズ」の印刷の向きを「縦」にすればOKです。

スライドを縦向きにする手順

こちらの方法では、すべてのスライドが縦向きに揃います。

また、こちらの設定で印刷時も縦向きで印刷されるようになります。

  1. 「デザイン」タブの「スライドサイズ」から「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリック

    スライドサイズのユーザー設定のスライドのサイズをクリック
  2. 「スライドのサイズ」ウィンドウの「印刷の向き」で「スライド」の「縦」を選択し「OK」ボタンをクリック

    印刷の向きのスライドの縦を選択

    自動的に縦と横のサイズが入れ替わります。縦と横の長さ(縦横比)を変更したい場合は、この時点で変更しておきましょう。

  3. コンテンツのサイズの選択ウィンドウが表示されるので、「最大化」か「サイズに合わせて調整」をクリック

    コンテンツのサイズの選択

    基本的には「サイズに合わせて調整」がおすすめです。

  4. スライドが縦向きに

    スライドが縦向きになる

以上で、スライド全体が縦向きに変更されました。

これがもっとも基本的なスライドを縦向きにする方法だね。

縦向きと横向きのスライドを混在させたい場合は、こちらの記事を参考にしてください。

パワーポイントのスライドを縦と横を混在させるパワーポイントの向きで縦と横を混在させる方法

縦向きのスライドのサイズを変更

先ほど少し触れましたが、縦向きのスライドのサイズを変更するのも「ユーザー設定のスライドのサイズ」から行います。

任意のサイズに自由に変更する

  1. 「デザイン」タブの「スライドサイズ」から「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリック

  2. 「スライドのサイズ指定」を「ユーザー設定」にし、「幅」「高さ」をそれぞれ変更

    幅と高さを自由に設定する

これで、パワーポイントのスライドのサイズを自由なサイズに変更することができます。

合わせたいサイズを入力しましょう。

パワーポイントを縦向きA4サイズに変更する

例として、縦向きのスライドのサイズをA4サイズに合わせていきます。

  1. 「デザイン」タブの「スライドサイズ」から「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリック

  2. 「スライドのサイズ指定」で「A4 210mm×29mm」を選択して「OK」ボタンをクリック

    スライドのサイズをA4に変更
  3. コンテンツのサイズの選択ウィンドウが表示されるので、「最大化」か「サイズに合わせて調整」をクリック

    コンテンツのサイズの選択
  4. スライドがA4サイズに変更される

    スライドが縦向きのA4サイズに

もし、A4サイズを指定してもA4サイズに変更されない場合は、「サイズの指定」で「ユーザー設定」を選択し、「幅」を21cm、「高さ」を29.7cmと設定する方法もあります。

規定の縦横比で変更する

印刷用紙のサイズに合わせたいのではなく、縦向きのスライドのサイズが細過ぎるから変更したいという場合は、縦向きにする前に縦横比を「標準(4:3)」に変更しておきましょう。

縦横比を変更する

ワイド画面じゃなくて標準(4:3)の方が使いやすいかも…。

まとめ

パワーポイントのスライドを縦向きに変更する方法とサイズを調節する方法を紹介しました。

縦長の表を挿入したい時など、意外と縦向きにする機会ってあるみたいです。

分かればなんともなく変更できますので、スライドの設定は「デザイン」タブから行うんだなぁと覚えておきましょう。

設定箇所をぼんやりとでも覚えておけば、触ってるうちに思い出すことが多いよ!
パワーポイントのスライドを縦と横を混在させるパワーポイントの向きで縦と横を混在させる方法

コメントを残す