コスパ最強の格安中古パソコンはこちら!

ワードのルーラーの表示/非表示と単位の変更

ルーラーの表示/非表示と単位の変更

ワードでとても大事な機能を担う、ルーラーの表示/非表示の設定と、ルーラーの単位の変更方法について紹介します。

ルーラーを表示することで、ワードのインデントやタブの幅をコントロールすることができます。

エクセルやパワーポイントと比べるとワードではルーラーがとても重要な機能となっています。

使い方を知らないうちはスペースを取る邪魔な機能かもしれませんが、使いこなす内に必要な機能に変わってくるはずです。

ちなみにルーラーというのは、英語で「ruler」で「定規」という意味だということも、あわせて覚えておくと理解やすいです。

ルーラーの表示と非表示

ルーラーの表示と非表示の例

ルーラーの表示/非表示の切り替え方法

ルーラーの表示/非表示を切り替える方法を紹介します。

ワードの場合は、基本的に常に表示しておくのがおすすめです。

ルーラーの表示/非表示の設定

ルーラーの表示/非表示を切り替えるのはとても簡単で、「表示」タブの「ルーラー」にチェックを入れるか外すかで切り替えます。

  • チェックを入れる:ルーラー表示
  • チェックを外す:ルーラー非表示

ルーラーを表示する

垂直ルーラーが表示されない場合

ルーラーには、「水平ルーラー」と「垂直ルーラー」があります。

上記の手順でルーラーを表示しても垂直ルーラーが表示されない場合は、オプションを確認しましょう。

ファイル」タブから「オプション」をクリックします。

ファイルのオプションをクリック

Wordのオプション」の「詳細設定」の「表示」の項目にある「印刷レイアウト表示で重複ルーラーを表示する」にチェックを入れましょう。

印刷レイアウト表示で垂直ルーラーを表示する

これで、垂直ルーラーが表示されるはずです。

ルーラーの単位を変更する

ルーラーのデフォルトの単位はミリメートルですが、単位を変更することも可能です。

ファイル」タブから「オプション」をクリックし、「Wordのオプション」を表示します。

ファイルのオプションをクリック

詳細設定」の「表示」の項目にある「使用する単位」のリストから使用する単位を選択し、「単位に文字幅を使用する」のチェックを外して「OK」ボタンをクリックします。

ルーラーの単位を変更する設定

以上で、ルーラーの単位が選択した単位に変更されます。

選択できる単位
選択できる単位は、下記の5種類です。

  • インチ(in) (1in≒25.4mm)
  • センチメートル(cm)
  • ミリメートル(mm)
  • ポイント(pt)(1pt≒1/72in≒0.35mm)
  • パイカ(pi)(1pt≒1/6in)

最後に

以上が、ワードのルーラーの表示/非表示の設定と単位の変更の方法でした。

ワードにおいてルーラーはとても大切な機能なので、できれば表示しておくのがおすすめです。

いや、ほんとにルーラーって便利なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です